高浜町議会、再稼働に正式同意

40年超原発では国内初

©一般社団法人共同通信社

関西電力高浜原発の1号機(奥)と2号機=10月、福井県高浜町

 福井県の高浜町議会は25日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機を巡り、全員協議会を開き、町議会として再稼働への同意を正式決定した。40年超原発について地元議会が同意するのは国内初で、再稼働すれば、東京電力福島第1原発事故後に「原則40年、最長で延長20年」のルールができて以降初となる。

 再稼働には町と県の各議会と首長の4者から同意を取り付けるのが通例。杉本達治知事は、関電による使用済み核燃料の県外搬出先の年内提示が同意の前提との認識を示しており、議論の行方には不透明感もある。