ユナイテッドとPSGが前節のリベンジ果たす!グループHは全チーム肉薄の混戦模様に

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

24日にUEFAチャンピオンズリーグのグループHが開催し、マンチェスター・ユナイテッドがホームでイスタンブール・バシャクシェヒルと対決。パリ・サンジェルマンはRBライプツィヒとの激突した。

バルセロナが決勝T進出に大手!ユナイテッドはトルコでのリベンジを果たせるか ~G・H組プレビュー~

マンチェスター・ユナイテッド vs イスタンブール・バシャクシェヒル
前節敗戦のショックを振り払いたいユナイテッドは、開始3分にブルーノ・フェルナンデスがスーパーボレーで先制点をもぎ取る。19分にB・フェルナンデスが再びネットを揺らすと、35分にマーカス・ラッシュフォードが決定的なPK弾を奪取。余裕が生まれたユナイテッドは積極的に若手選手を投入し、試合終了間際にはダニエル・ジェームズがダメ押し弾を挙げ、ユナイテッド4-1で首位をキープした。

エムバペはバルセロナ移籍間近だった⁉ 元役員が3年前を回顧「彼らはデンベレを選んだ」

パリ・サンジェルマン vs RBライプツィヒ
前半戦で1勝2敗とスタートダッシュに失敗したPSGは、9分頃にアンヘル・ディ・マリアがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。キッカーを担当したネイマールがゴール右隅に沈め、11分にPSGは先制に成功する。時間が進むにつれ互いにヒートアップしてく中、PSGが虎の子の1点を守り切りタイムアップ。1-0でPSGがリベンジを果たし、全チームにGS突破の可能性が残る混戦模様となった。

ユナイテッドやPSGがリベンジを果たす※写真 Michael Regan