社説:「桜見る会」疑惑 安倍氏は国会で説明を

©株式会社京都新聞社

 安倍晋三前首相の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭で、参加した有権者が支払った会費との差額を安倍氏側が穴埋めしていた疑いが強まった。

 会場だったホテル側作成の明細書などが存在し、補塡(ほてん)額は昨年までの5年間で800万円に上る可能性があるという。

 前夜祭を巡っては、差額の補塡が公選法の禁じる寄付に当たるほか、政治団体の収支の記載を義務付ける政治資金規正法違反の疑いもあるとして、全国の学者や弁護士らが告発状を東京地検に提出していた。

 支出が事実ならば、「事務所から費用の補塡はない」「収支は発生しておらず、報告書に記載する必要はない」としてきた安倍氏の説明は虚偽だったことになる。

 東京地検特捜部は安倍氏の公設第1秘書らから任意で事情を聴いており、今後、立件できるかを判断するという。安倍氏本人からの聴取も含めて捜査し、疑惑に切り込んでほしい。

 安倍氏も、自ら国民に説明する必要がある。与党は野党側が求めている安倍氏の国会招致に真摯(しんし)に応じるべきだ。

 前夜祭は2013年から19年まで、桜を見る会前日に東京都内のホテルで開かれた。19年は安倍氏の地元支援者ら約800人が参加し、立食形式で行われた。会費は1人5千円だったが、ホテルは同様の形式を「1万1千円から」としていたため、会費が安すぎると指摘されている。

 安倍氏はこれまで、5千円の会費は「ホテル側が設定した価格」と述べ、野党が主張を裏付ける明細書の提示を求めても、「ホテル側は『営業の秘密』に関わるので応じかねるとのことだった」とかわしてきた。

 そもそも安倍氏は、桜を見る会を巡る国民の疑問に誠実に対応してきたとは言えない。

 出席者に自身の後援会関係者が多数含まれていた「私物化」批判は、うやむやにされたままだ。招待者名簿は野党議員の資料要求直後に廃棄され、電子データの復元も「不可能と報告を受けている」と人ごとのような答弁に終始した。

 菅義偉首相は官房長官時代に見る会の招待基準などを「全般的に見直す」と述べていたが、会の在り方を総括しないまま、首相就任早々に中止を表明した。

 安倍政権を中枢で支えた菅氏は疑惑を解明し、国民に明らかにしなければならない。十分な説明もないまま、隠蔽(いんぺい)することは許されない。