【日本S】巨人が大幅に打線テコ入れ 1番若林、2番に坂本 鷹は第3戦と不変 第4戦スタメン発表

©株式会社Creative2

ソフトバンク・和田毅(左)と巨人・畠世周【写真:藤浦一都、荒川祐史】

巨人は二塁に田中俊、捕手に岸田を起用し、先発マウンドには畠が上がる

■ソフトバンク – 巨人(日本シリーズ・25日・PayPayドーム)

巨人とソフトバンクが戦う「SMBC日本シリーズ2020」は25日、ソフトバンクの本拠地PayPayドームで第4戦が行われる。第1戦からソフトバンクが3連勝し、2年連続での4連勝での日本一に王手。一気にスイープで日本一を決めるか、巨人が意地を見せるか。注目の第4戦の試合開始に先立ち、両チームのスタメンが発表された。

3連敗で崖っぷちに立たされている巨人は大幅にスタメンを変更。1番に若林を起用し、2番から坂本、丸、岡本の並びに。「8番・捕手」に岸田を置き、大幅にテコ入れした。ここまで3試合でわずか10安打で3得点しか奪えていない打線が奮起できるか。先発マウンドには畠が上がる。

3連勝で4年連続の日本一に王手をかけたソフトバンクは第1戦、第3戦と同じ並びに。前日1本塁打3打点の中村晃を2番に置き、中軸は柳田、グラシアル、栗原と並ぶオーダーに。先発は昨年も日本一を決めた試合で先発したベテランの和田。

【巨人】
1(右)若林
2(遊)坂本
3(中)丸
4(三)岡本
5(指)ウィーラー
6(一)中島
7(二)田中俊
8(捕)岸田
9(左)増田大
投 畠

【ソフトバンク】
1(二)周東
2(一)中村晃
3(中)柳田
4(左)グラシアル
5(右)栗原
6(指)デスパイネ
7(遊)牧原
8(三)松田宣
9(捕)甲斐
投 和田(Full-Count編集部)