早大の新エースがシングルス優勝!!白石は全中、高校総体に続き、大学でも頂点の座に/男子シングルス決勝

©早稲田スポーツ新聞会

白石光(スポ2=千葉・秀明八千代)は全日本学生選手権(インカレ)単複優勝を目標に掲げ、今大会に臨んでいた。前日のダブルス準決勝でファイナルセットの末に敗れてしまったことにより、シングルス制覇への思いはより一層強くなっていた。決勝の相手は春関(関東学生トーナメント)覇者で、準決勝で第1シードの今村昌倫(慶大)を破るなど勢いに乗っている田形諒平(筑大)。強烈なサーブに加え、力強いフォアや積極的なネットプレーが武器の田形と、多様な球種を織り交ぜ粘り強くプレーすることができる白石の対戦は決勝に相応しい大熱戦となった。

白石は決勝でも粘り強くボールを拾った

「アップテンポの時は羽澤(慎治、慶大)と似ていて強いタイプなので、自分からゆっくりやっていく」。準決勝同様にスローなテンポでのラリーから、展開していくことを想定していた白石。しかしファーストセット、「ゆっくりプレーした時に相手が思っていた以上に打ってきた」と相手がミスを恐れず攻めてくる。そこで白石は、気持ちが引いて守りに入るのではなく、いつも通りのプレーを見せる。コート奥への深いストロークだけでなく、臨機応変にコート全体へと球を散りばめていくなど、自身の持ち味を存分に発揮した。すると相手は徐々にミスを重ねる。肩で息をする場面も見られるなど、田形の動きは徐々に精彩を欠いていった。「僕の守りに対してハマってくれた」と相手に思うようなプレーをさせず、6-2でファーストセットを獲得した。

しかし続くセカンドセットは、後がなくなった相手がファーストセット以上に積極的なプレーを見せる。サーブアンドボレーを多様するなど、強引に流れを変えようとしてきた。「前に出てきたし、すごく戸惑ったのですが」と語るようにブレークこそ先に許しはしたが、白石も粘り強いプレーで応戦。5-5で迎えた相手サービスの第11ゲーム、白石はここで終わらせたいと集中して臨んだ。先にゲームポイントを掴みはしたが、相手も執念を見せて、逆にゲームポイントを握られてしまう。幾度となくアドバンテージを握られたが、その度に驚異的な粘りで凌ぐ。しかし最後は気持ちで上回った田形がキープ、続く第12ゲームもブレークされてしまい、勝負はファイナルセットへ突入した。

迎えたファイナルセット。「グイグイくるなと思って。ここ引いたら負けるな」と感じた白石は、サーブアンドボレーに加え、ラリーの中で前に出ていく場面を増やすなど、積極的なプレーを見せる。その結果、ファイナルセット序盤は、お互いが一発で仕留めていく場面が数多く見られた。お互いがキープする場面が続いたが、久しぶりに訪れた第5ゲームのブレークのチャンスを白石はしっかりとものに。そこから勢いに乗ると、相手に最後まで1ゲームも許すことなく勝利を決めた。

積極的に前に出る白石

優勝だけを見据えて臨んだ今大会。白石は決勝まで1セットも失わずに勝ち上がるなど、安定感のある戦いが光った。もし決勝で敗れていたら、男子部としては16年ぶりにインカレで無冠に終わることとなっていた。全日本大学王座決定試合を15連覇してきた早大。各世代において、『頼れるエース』の存在が栄冠をもたらしてきたことは言うまでもないだろう。インカレを制したことで、紛れもなく早大の『頼れるエース』に白石もなったはずだ。王者早稲田をけん引する存在として、今後の活躍にも期待がかかる。

(記事 大島悠希 写真 山床啓太)

結果

男子シングルス
▽男子シングルス 決勝
○白石光 [6-3、5-7、6-2] 田形諒平(筑大)