県警 交通事故対策で 12月から交通捜査員新たな制服導入

©奈良テレビ放送株式会社

 これから年末にかけて、夕暮れ時の交通事故の割合が増加します。県警は、交通事故捜査に当たる警察官のための制服を新たに導入します。いったいどのようなものなのでしょうか。

 現在は通常の制服で事故の現場などで捜査をしていますが・・・来月から導入される制服がこちら。

暗い道路上でもわかりやすい目立つ黄色いワンポイント。そして、反射材を多く使い、走る車の運転手からもわかりやすくなっています。

交通事故の現場で捜査をする警察官が事故にあうことを防ぐため、県警はこの制服の導入を決めたといいます。

また、オイルや部品などが散乱している現場で膝をついて作業を行うことも多いため、汚れなどを気にせず捜査ができるよう、耐久性のある素材で作られています。

奈良県警 交通指導課長 西田典弘さん

「県民のみなさんに、早くこの制服を覚えていただいて、安心していただけるようにこれから(周知)活動を活発にしていきたいと思います。」