弘前城も冬の装い ツツジなど3万本の雪囲い始まる

©株式会社河北新報社

 青森県弘前市の弘前公園で、ツツジやシャクナゲなどの低木類を雪の重みから守る雪囲いの作業が始まった。本格的な冬の到来を前に、市職員が約30人がかりで取り組んでいる。作業は12月中旬まで続く。

 雪囲いを施すのは、本丸や追手門付近の約3万本。丸太の骨組みに横板をかぶせて櫓(やぐら)を組んで木を覆う。高さのあるマツやドウダンツツジ約40本には、雪つりを施す。技術は市公園緑地課の職員に受け継がれている。

 同課の橋場真紀子総括主査は「雪囲いは作業自体も見ていて楽しめる。新しい生活様式に配慮しながら、冬の公園散策に訪れてほしい」と話す。