民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

©新華社

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

入賞作品を着てポーズを取るモデルたち。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)

 【新華社南寧11月25日】中国広西チワン族自治区南寧市でこのほど、民族衣装の要素を取り入れたファッションデザインコンテストが行われ、入賞作品がショー形式で発表された。

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

入賞作品を着てポーズを取るモデルたち。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)

 同自治区は少数民族の人口が最も多い省級行政区で、入選作品にはチワン、漢、ヤオ、ミャオ、トン、モーラオ、マオナン、ジン、回、イ、シュイ、コーラオの12民族それぞれの特徴が盛り込まれた。

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

入賞作品を着てポーズを取るモデルたち。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)

 コンテストにはデザイナー474組からフォーマル系847点、カジュアル系1108件の応募があり、約200点が入選され、最終に9作品が入賞、51の入選作品が栄誉証書が授与された。(記者/胡佳麗)

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

入賞作品を着てポーズを取るモデルたち。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

入賞作品を着てポーズを取るモデルたち。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

ショー形式で発表された入賞作品。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)

民族衣装を最先端ファッションに 広西でデザインコンテスト

記念撮影する関係者たち。(11月8日撮影、南寧=新華社配信)