KAT‐TUN上田と櫻井翔の〝師弟〟共演に「エモい」の声

©株式会社東京スポーツ新聞社

日本テレビ

KAT‐TUNが25日、日本テレビ系音楽特番「音楽の祭典! ベストアーティスト2020」に生出演。嵐の「感謝カンゲキ雨嵐」を歌唱した。

番組では「今聴きたい!国民が選んだジャニーズメドレー!」と題して、アンケートで集めた今聴きたいジャニーズソングを別のグループがカバーするというもの。

この番組の司会を務めたのは嵐の櫻井翔(38)。上田は櫻井を「アニキ」と慕うジャニーズタレントが集う「アニキ会」の一員だ。番組内で、上田は、KAT‐TUNの「DON’T U EVER STOP」を歌唱前、櫻井の家へ遊びに行った時のエピソードについても明かした。

その上田が「アニキ」の前で、しかも、「感謝カンゲキ雨嵐」で「アニキ」が担当するラップを上田が見事にノリノリで歌ってみせた。見事に歌い切った上田を櫻井も笑顔で見守っていた。この〝師弟〟共演にネット上でも「エモい」と盛り上がりを見せた。

そもそも上田の演出が注目された背景には9月に同局系列で放送された音楽特番のことがきっかけ。上田はジャニーズシャッフルコーナーに出演。嵐の二宮和也(37)らと、NEWSの「チャンカパーナ」をパフォーマンスしたが、上田はカメラをにらみ、全くダンスを踊らなかった。

このことで、この日の上田のパフォーマンスには、大きな注目が集まっていた。