マラドーナ氏死去、サッカー界のレジェンド 元アルゼンチン代表

©ロイター

[ブエノスアイレス 25日 ロイター] - サッカー界のレジェンドで、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が25日、心不全のためブエノスアイレス郊外の自宅で死去した。60歳だった。数週間前に硬膜下血腫の緊急手術を受けていた。

ワールドカップには1982年スペイン大会から4大会連続で出場。86年メキシコ大会でアルゼンチンを2回目の優勝に導いた。「神の手ゴール」や「5人抜きゴール」など伝説的なプレーも残した。

アルゼンチンのフェルナンデス大統領はマラドーナ氏の死去を受け、全国で3日間の服喪を宣言。ツイッターで「あなたは私たちを世界一高いところまで連れて行き、私たちを計り知れないほど幸せにしてくれた。あなたは最高の存在だった。私たちと一緒にいてくれてありがとう」と記した。

元ブラジル代表のペレ氏(80)は短い声明で「いつの日か空の上で一緒にボールを蹴ろう」と述べた。

*内容を追加しました。