8カ月前のひき逃げ容疑、暴力団幹部を逮捕 神奈川県警

©株式会社神奈川新聞社

南警察署

 神奈川県警交通捜査課と南署は25日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、神奈川県出身で住所不定、指定暴力団稲川会系幹部の自称自動車販売仲介業の男(52)を逮捕した。

 逮捕容疑は、3月24日午前1時20分ごろ、横浜市南区中里1丁目の県道で、道路を横断していた同区大岡2丁目の会社員の男性=当時(31)=をはねて死亡させ逃走した、としている。同課によると、男は「考えてから話す」と供述している。

 同課によると、現場は片側3車線の直線。付近の防犯カメラ映像や現場に残された遺留品などから車両を特定し、同容疑者が浮上した。制限速度の50キロを大幅に上回るスピードで走行していたとみられる。