中部スーパー4社10月の販売状況 既存店売上高3社増 気温低く鍋物食材堅調

©株式会社中部経済新聞社

 中部の主要スーパー4社の10月の販売状況(速報値)がまとまった。既存店ベースの売上高は、3社が前年同月実績を上回った。「客数マイナス」「客単価プラス」という、新型コロナ禍のまとめ買い傾向は引き続きみられた。平年よりも気温が低く、鍋物食材や秋冬物の衣料品の売れ行きが堅調だった。