2021年に日経平均株価は3万円になると予想する理由

©株式会社マネーフォワード

日経平均が2万6,000円台まで上昇しています。1991年以来29年ぶりの高値です。読者の中には、この価格が見たこともない高値に映る方もおられるでしょう。

では、29年前はどのような状況だったのでしょうか。当時の世相を振り返りながら、来年の株価について考察してみましょう。


バブル崩壊直後の世相は…?

1991年、株式市場に関連するところでは、損失補填問題から証券会社のトップ辞任が相次ぎました。国際的には湾岸戦争やソ連の崩壊などエポックメイキングなことが起きた年でした。

芸能関係ではクィーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーさんが亡くなり、国内ではKAN「愛は勝つ」尾崎豊「I Love You」槇原敬之「どんな時も」などがヒットしました。

テレビドラマでは織田裕二さんと鈴木保奈美さん主演の月9ドラマ「東京ラブストーリー」が大きなブームとなりました。平均視聴率は20%を超え、早く帰ってドラマを見ようと月曜の夜は街から若い女性の姿が消えたほどでした。

それほどの大ヒットを記録した「東ラブ」ですが、織田さん鈴木さん主演の新作ドラマ「SUITS/スーツ」の番宣のため、2年前に再放送された時はまったく視聴率があがらなかったのです。無理もないでしょう、時代が違い過ぎるのです。

このドラマは主人公ふたりのすれ違いにヤキモキさせられるのが醍醐味でした。たとえばメモがなくなって連絡が伝わらずに大雨の中、待ちぼうけする…なんて現代では考えられないシチュエーションがあります。今の若者からみれば、「LINEすればよくない?」で片づけられてしまいそうですが、当時は携帯電話なんてものはなかったのですから仕方ありません。(厳密なことを言えば当時も携帯はありましたが、現代のものから見れば巨大で高価なものでした)。

この30年間、テクノロジーの発展によって私たちの暮らしは格段に便利になりました。時代は確実に進歩しています。「先に進む」という意味で進歩していないのは株価です。2万6,000円といってもまだ最高値の3分の2を戻したに過ぎないのです。

2万6,000円は1991年以来と述べましたが、より詳細には1991年5月以来です。1991年5月と言えば、お立ち台に扇子で知られるディスコ「ジュリアナ東京」がオープンした時です。「ジュリアナ東京」はバブルの象徴のように扱われることが多いですが、実はジュリアナがオープンした時は既にバブルは弾けた後だったのです。

ここから言えることは何でしょうか。バブルは弾けた後でないとわからない、と言いますが、弾けた後も相当時間が経ってからでないとわからない、ということではないでしょうか。株価のピークは1989年末の3万8,915円。ジュリアナのオープンはその1年半後。

株価がすでに3分の1を吹き飛ばした時点で、人々はまだ狂騒の中で踊っていたのですから。

日経平均3万円の根拠

さて、過去を振り返るのはこのくらいにして未来に目を向けましょう。少し早いですが来年の相場予想を述べましょう。筆者は来年の日経平均は3万円に達すると予想します。

まず、来年の株価は上がるでしょうか下がるでしょうか?来年はコロナで苦しんだ今年よりは良い年になるでしょう。ワクチンが普及し経済活動が戻れば景気も業績も今年よりは良くなるはずです。であれば株価は上がる公算が高いと思われます。

過去50年間(1970~2019年)で日経平均が年間で上昇した年は32回あり、その平均上昇率は約20%でした。

次に、日本の景気は4~6月で底を打ったとみてほぼ間違いないことから、来年は「景気が底をつけた翌年」となると思われます。過去50年間で日本の景気循環における景気の谷は9回認識されており、景気が底をつけた翌年の日経平均の変化率を平均すると22.5%でした。

これらのことから来年の日経平均の上昇率を20%と仮定しましょう。日経平均は既に2万6,000円の大台をつけていますが、今年の年末の株価を2万5,000円と慎重に想定しても、20%の上昇率を当てはめれば日経平均は3万円に達する計算になります。

アナリスト予想の平均であるクイックコンセンサスによれば来期日経平均の予想EPS(1株当たり利益)は1,560円です。3万円とすればPERは19.2倍。バリュエーション面からも無理のない想定ではないでしょうか。

<文:チーフ・ストラテジスト 広木隆>