「赤磐市議が職員に威圧的言動」 市が市議会に対応要請

©株式会社山陽新聞社

赤磐市役所

 赤磐市の行本恭庸市議(73)が、熊山保健福祉総合センター(同市松木)の職員に威圧的な言動を取ったとして、市が市議会に対応を求める申し入れをしていたことが25日、分かった。

 申し入れ書によると、行本市議は4日、大腸がん検診のため同センターを訪問。受付の女性職員から新型コロナウイルス対策としてマスクの着用を求められた際、「検体を出すだけなのにマスクがいるんか。この若造が」などと怒鳴り、便の入った検体袋をそばの机に投げつけたという。

 市側は公正な職務の執行を妨げ、議員の品位と名誉を損なう行為として「議会は、しかるべき措置を講じてほしい」としている。

 行本市議は取材に「口調が荒いのはいつものことで威圧するつもりはなかった」と弁明。発言内容については「記憶がはっきりしない」と話した。

 市議会は17日に申し入れ書の提出を受け、開会中の定例市議会最終日(12月18日)に、同市議に対する議員辞職勧告決議案の提出を検討している。

 行本市議を巡っては、市役所の清掃を請け負う福祉事業所の職員らに高圧的な言葉を浴びせたとして、9月に議員辞職勧告決議案が提出され、可決されている。