山﨑賢人×土屋太鳳「今際の国のアリス」おにごっこの本編映像解禁!

©株式会社近代映画社

2020年12月10日よりNetflixにて全世界独占配信となる「今際の国のアリス」より、おにごっこの本編映像が公開された。

本作は、2010年から2016年まで「週刊少年サンデーS」「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載された、麻生羽呂(あそう・はろ)の大ヒット・サバイバル・サスペンスコミック(全18巻)「今際の国のアリス」が原作。2020年10月からは、新章となる『今際の国のアリスRETRY』が「週刊少年サンデー」にて連載されている。

人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリス(山﨑賢人)と、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギ(土屋太鳳)が、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、「生き延びる」ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く、Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」。

W主演の山﨑賢人、土屋太鳳に加え、本作を支えるキャストには、村上虹郎、森永悠希、町田 啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、栁俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗らが顔を揃えた。

変わり果てた“今際の国”で生き延びるためのルールはただ一つ、命をかけた“げぇむ”に勝つこと。“げぇむ”には、トランプのカードによって難易度やタイプが存在し、今回解禁となった「おにごっこ」は、体力勝負の「肉体型」スペードの5だ。

“おに”から逃げながら、マンションの中でひとつだけ鍵のかかっていない部屋にあるスイッチを押すとクリアできる「おにごっこ」に参加したアリス(山﨑)たち。
通路を歩いていると、突如銃声が!戸惑いながらも階段を登っていくと、口から血を吐き、ワイシャツを血に染めた男性の死体が・・・。恐る恐る階段の上を覗き込むと、怪しい足音と共に現れたのは、馬のマスクを被り、サブマシンガンを持った謎の人物の姿が。アリス達は、ギリギリで銃弾をかわし逃げるが、果たして無事に生き残り、命をかけた“げぇむ” をクリアすることができるのか。

げぇむ「おにごっこ」本編映像

STORY

優秀な弟と比較され続け、人生に意味を見出せず鬱々とした日々を送るアリス。唯一の心のよりどころである親友のチョータとカルベと渋谷に繰り出すと突然、街は無人と化す。不安を感じつつつも、誰もいない解放感にはしゃぐ3人。しかしそこは、様々な“げぇむ”をクリアしなければ生き残ることができない“今際の国”だった...。持ち前の観察力と判断力を発揮していくアリスは、仲間を作らずたった一人で““げぇむ””に挑み続けるクライマーのウサギと出会う。命を懸けるというかつてない体験 を通し彼らは、「生きること」に正面から向き合うこととなる。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」

2020年12月10日(木)、Netflixにて全世界独占配信

原作:麻生羽呂「今際の国のアリス」(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
監督:佐藤信介

出演:
山﨑賢人 土屋太鳳
村上虹郎 森永悠希 町田啓太 三吉彩花 桜田通 朝比奈彩 栁俊太郎 渡辺佑太朗 水崎綾女 吉田美月喜 阿部力 金子ノブアキ 青柳翔 仲里依紗

脚本:渡部辰城、倉光泰子、佐藤信介
音楽:やまだ豊
撮影監督:河津太郎
美術監督:斎藤岩男
アクション監督:下村勇二
VFXスーパーバイザー:神谷誠、土井淳 エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:森井輝
企画・制作:(株)ROBOT
© 麻生羽呂・小学館/ROBOT
Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/今際の国のアリス

【Netflixとは】
Netflixは、190ヵ国以上で1億9300万人の有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、 好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。