リヴァプール、アンフィールドで撃沈…クロス2発で守備崩壊

©株式会社コリー

25日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、南野拓実が所属しているリヴァプールはイタリア・セリエAのアタランタと対戦した。

大会がスタートしてから3連勝と見事な成績を収めていたリヴァプールは、この試合でロベルト・フィルミーノやアンディ・ロバートソン、ディオゴ・ジョタらをベンチスタートに。

代わりに怪我明けのジョエル・マティプをスタメン起用し、ネコ・ウィリアムズやリース・ウィリアムズ、コスタス・ツィミカス、カーティス・ジョーンズら若手をピッチに送り込んだ。

しかしこの状況を生かしたのはまだ3試合で1勝しかしていないアタランタの方だった。後半に入って15分、左サイドからパプ・ゴメスが入れたクロスをヨシップ・イリチッチが合わせてゴール!

この投稿をInstagramで見る

ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿

【動画】アンフィールドでリヴァプールを撃破!アタランタの「クロスボール2発」

さらにそれから4分後、再び左サイドからのクロスボールが入り、ファーポストでハテブールが落とし、ゴセンスがフリーで押し込む。完璧な崩しで追加点を奪取し、スコアは0-2となった。

リヴァプールは反撃を狙ってフィルミーノ、ファビーニョ、ロバートソン、ジョタとレギュラーメンバーをピッチに送り込んでいたが、結局最後までゴールを奪うことはできず、このまま敗北となった。

なお、南野拓実は85分にジョエル・マティプとの交代で途中出場している。