南海ラピート台車の溶接部に欠陥

亀裂で運輸安全委報告

©一般社団法人共同通信社

南海電鉄の特急「ラピート」で、欠陥のあった台車の溶接部分を示す模型

 運輸安全委員会は26日、大阪・難波と関西空港を結ぶ南海電鉄の特急「ラピート」で昨年8月、台車に長さ140ミリの亀裂が見つかった重大インシデントの調査報告書を公表した。台車の製造会社が2005年に台車を補強するため実施した溶接部分に欠陥があったことが原因と指摘した。

 南海によると、台車は旧住友金属工業(現日本製鉄)が製造した。

 報告書によると、モーターを支える台車部分の強度を高める金属板を取り付ける際、必要な加工をしていなかったため、十分に溶接できていなかった。溶接部分の欠陥が原因で亀裂が発生し、金属疲労で拡大した。