【社会人野球】「その場にいることがきつかった」 阪神2位のJR東・伊藤の胸に残る“18歳の記憶”

©株式会社Creative2

JR東日本・伊藤将司【写真:編集部】

横浜高ではエースで甲子園出場、国際武道大、JR東日本を経て、プロへ

6年前の秋。横浜高の3年生だった伊藤将司投手は歓喜の輪の外にいた。中心には2014年ドラフト会議で日本ハムから3位で指名された浅間大基外野手と7位の高濱祐仁内野手。ナインによる胴上げが始まっても、その場を動こうとはしなかった。

「あの時は、その場にいることがきついなぁって思ってしまって。2人が指名されて、会見も見て、心から嬉しくて拍手もしました。でも、胴上げをすることができなかったんです」

今秋のドラフト会議、2位で阪神に指名された即戦力左腕、JR東日本の伊藤は当時から彼らに負けないほどの能力を持っていた。横浜高のエースとして活躍。力強いストレートとスライダーを武器に、公式戦で10者連続三振を記録するなど、神奈川を代表する投手だった。浅間や高濱、明大に進み楽天入りした渡邊佳明内野手らとともにセンバツにも出場した。

進路をプロにした浅間らと同様、伊藤もその道を目指したが、家族や当時の渡辺元智監督らと相談し、夢を封印した。「プロに行きたい気持ちはありましたが、通用しないと思いました。大学に進んでレベルアップしようと決めました」

夏場には進学を決めて、気持ちは切り替えていたが、目の前でプロの扉を開いた仲間を見ると、悔しさがこみ上げた。自分の手で彼らの体を押し上げる気持ちにはなれなかった。

その悔しさは、伊藤の原動力になっていった。

千葉の名門、国際武道大に進むと1年春からリーグ戦に登板。2年春には3完封を含む6勝とエースの階段を昇る。大学の授業でも体の構造的な部分も学び、着実にフィジカルも進化。大学侍ジャパンにも選出された。しかし、大学4年春、肘痛に襲われた。炎症のため、約2か月間、投球ができなかった。

それでも、封印していた夢を解く時と信じ、プロ志望届を提出した。だが、そんなに甘い世界ではないこともわかっていた。「ドラフト会議当日、自分と一緒に喜びたいと待っていてくれた仲間がいたのに(名前が呼ばれず)彼らに申し訳ない気持ちになりました」。指名漏れの悔しさよりも、そんな思いがこみ上げてきた。

25日の三菱自動車岡崎戦では9回5安打2失点の好投を見せた【写真:鳥越涼芳】

投球の変化、変わってきた奪三振の概念

高校時代から求めていたのは球速アップが主だった。最速139キロだったストレートは下半身強化で、大学卒業時には143キロになっていた。三振も「少し力を入れられば取れた」が上のレベルではそうも行かない。「三振を取るのがどんどん難しくなってきた」。大学では球速のほか「相手を見ながら、嫌がるピッチング」を学びながら、ゲームメークができるようになっていた。

もう一段階上の選手になるために、伊藤は社会人野球チームに進むことを決意した。行く先は多くのプロを輩出するJR東日本。この2年間で投球について学んだのは、より勝てる投手になるための「力の抜き方」だった。山本浩司、坂上拓両投手コーチの指導を受け、さらに成長を遂げた。

「(山本)浩司さんに『9イニングをそんなに1人1人、全力で投げていたら持たない』と言われました。僕のスタイルは打者1人を全力で抑えにいくという感覚だったので」

高校時代から備わる奪三振術に、大学で相手を見ながら投球する駆け引きを学び、社会人では先発として長いイニングを投げられるようになった。パフォーマンスを持続する術を習得し、球速もさらに3キロアップした。さらに“社会人”としての経験も伊藤の成長を後押しした。

「社業ではパソコンを使う業務もありましたし、一人の社会人としての礼儀作法や時間の使い方を学びました。時間に対する厳しさは植え付けられました。“1時間前行動”は当たり前。早く準備をする習慣は野球でも生きましたし、この(都市対抗野球出場やドラフト指名の)ように結果にも出てきたので、社会人野球に進んで良かったと実感しています」

18歳の時の悔しさは忘れていない。でも、当時のことを思い返すと「自分は子供でしたねー」と今は笑い飛ばせる。高校時代、食事を共にしたチームメートの前でも「絶対に俺はプロに行く」と信念は曲げない、物静かな男が密かに燃やしていた闘志はこうして形となった。

阪神2位という高い評価を受けたドラフト指名後、伊藤のスマートフォンが鳴った。高校や大学の同級生たちからの激励が相次いだ。これまで2度経験したドラフト会議後とは違う、味わい深い瞬間だった。25日の都市対抗野球初戦、三菱自動車岡崎戦9回2失点完投勝利を収め、好発進。試行錯誤した6年に及ぶアマチュア野球の舞台は今回がラストとなるだろう。最後はいたい、歓喜の輪の中心に――。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)