『水ダウ』“4時間遅刻”の芸人にドン引き「社会人としてヤバイ」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Hugo Felix / Shutterstock 

11月25日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、芸人が大遅刻する様子が流れた。番組企画での出来事だったが、視聴者はサラリーマンであれば、許されないことだと呆れている。

企画には『ラランド』のサーヤ、『空気階段』の水川かたまり、『オズワルド』の畠中悠が登場。番組側は遅刻癖があるという3人の相方に寝坊を誘う仕掛けを施し、どの程度遅刻するかを検証。1秒遅刻する度に10円が加算され、合計金額が賞金として与えられるルールだった。

番組サイドは相方3人に、前日に運動や深酒などをさせ、夜ふかしさせることに成功。次の日は、3人にとって先輩にあたる『ニューヨーク』のYouTube動画撮影があると集合場所に呼んだものの、3人いずれも約束の午前6時に姿を現すことはなかった。

『空気階段』鈴木もぐらが4時間1分遅れで現場に

1時間5分遅れで『オズワルド』の伊藤俊介、1時間半遅れで『ラランド』のニシダが登場したが、『空気階段』の鈴木もぐらにいたっては4時間1分遅刻。相方の畠中が14万4800円を獲得した。鈴木は午前9時20分に起きたといい、「ああ、これはまたか…みたいな。またこんな気持ちになるのか…みたいな」と起床時の心境を振り返っていた。

携帯電話でアラームをセットしたものの、起きられなかった理由が分からないと鈴木は嘆き、一同はアラームをチェックすることに。すると画面には午前9時10分、同9時20分とあった。『ニューヨーク』の嶋佐和也は笑いながらも「ふざけるな!」と一喝。鈴木は「これ、昨日のですよ」とし、アラームをセットしていなかったことが発覚した。

視聴者は企画を楽しんだ一方で、集合時間を1~4時間遅刻した3人に対して、社会人としてあり得ないと苦言を呈していた。

《約束の時間守れない社会人とか…ありえん…》
《普通に社会人として1時間以上遅刻ってやばいよな》
《まぁ遅刻するやつはほんとに息をするかのようにするからな》
《責任感無さすぎ…だらしな…》
《水ダウ見てるけど遅刻するのって他人でも腹立つな》

今後は遅刻に注意してほしいものだ。

【画像】

Hugo Felix / Shutterstock