三上悠亜が人気になっても「下ネタ」回避しない理由

©株式会社東京スポーツ新聞社

女性ファンも多い三上悠亜

大人気AV女優・三上悠亜クンの本紙での連載が100回を突破。今週、それをまとめた電子書籍3部作が出そろい、FANZA限定の合併号も発売されたことを記念して、本人が東京スポーツ新聞社を訪れた。入れ替わりの激しい業界で5年にわたりトップに君臨。近年はファッションブランドのプロデュースでも話題を振りまき、多数の女性ファンも獲得している美女が、大いに語ってくれたぞ。

――「男セン面」の連載は2016年4月から

三上 ちょうど「AV女優としてトップを取るぞ!」と気合マンマンだったころですね。それから4年半…もはや、最初のころに何をしゃべったか覚えてません(苦笑)。

――当時から今まで、相変わらずエロいことをガッツリ

三上 デビューしてしばらくは知識もないし、恥ずかしくもあったんですけど、徐々に慣れました。あと、やっぱりエッチなことって話してて面白いし、自分自身、興味もあるので(笑い)。

――人気が出ると下ネタを避けるようになる女優もいるが…

三上 私は変わらないですね。ファッションとかいろいろやらせてもらっていますが、やっぱりAV女優ですから。それに東スポさんの連載もそうですけど、エッチなネタって、人を楽しくさせるというか、テンション上がりません?SNSとかでも盛り上がるじゃないですか。

――発信すると喜ばれる

三上 あくまで私が言うことですから、大マジメな話じゃないですよ。でも、例えば、コロナ禍でテンションが上げづらいとき、エロは誰かを元気づけることもできる気がするんです。それこそ4月だったかな。外出自粛でつぶやくこともなく、新たにアップする写真もなかったとき、気まぐれで「チンチン」とだけツイートしたことがあったんです。そしたら5万件ぐらい「いいね」がついて、リツイートもめっちゃされて(苦笑)。

――すごい数だ

三上 あまりのバカらしさに、みんなちょっとだけ笑ってくれたんだと思います。もちろん、ルールはしっかり守った上で楽しむ必要はあるんですけど、下ネタは偉大というか、みんなにパワーを与える気がするのは私だけですかね(笑い)。

――連載では100回以上も読者にパワーを届けてきた

三上 そうなっていればうれしいです。電子書籍にもなってスマホでも読めるようになりましたし、東スポさんの紙面もなかなかハデなレイアウトで…あと、このパーカにもありますけど、UFOとかお好きですよね。

――悠亜チャンの下ネタ同様、皆さんのテンションを上げよう、と

三上 私は見たことはないんですけど、宇宙人の女の子が私たち地球人よりかわいかったらちょっとヤダな~(合併版電子書籍では三上理想の宇宙人のイラストを収録)。あ、でも、ツチノコは本当にいそうですよね。チンチンとか電マにしか見えませんけど(笑い)。