自作曲で元気届けたい ASANAさんデビュー 瓊浦高3年のシンガー・ソングライター

©株式会社長崎新聞社

「歌を通じて、たくさんの人を元気にしたい」と話すASANAさん=長崎新聞社

 長崎市の女子高生シンガー・ソングライター、ASANA(本名・峰朝菜)さんが18日、インディーズレーベル「ゼロ・クール・ミュージック」(東京)から配信シングル「輝くために」を発売し、念願のデビューを果たした。「夢に向かって頑張る若者への応援ソング。曲を通じて、たくさんの人に元気を届けたい」と意気込みを語る。

□運動部題材に

 瓊浦高(同市)3年の18歳。「輝くために」はミディアムテンポのJポップ。自身で奏でるアコースティックギターに、澄んだ歌声がマッチしている。
 歌詞は同校の運動部が題材。スポーツで高みを目指す若者の熱い思いや、友情の大切さを伝えるフレーズをちりばめた。「部員が取り上げられているテレビの特集番組を見て、つらい練習に耐えながら頑張っていることに気付いた。感動を歌にしたいと思った」
 歌手に憧れを抱いたのは小学2年の時。全校児童の前で歌を披露する機会があり、体育館のステージで友達と西野カナの「Best Friend」を歌った。「大勢の人の前で歌うことの楽しさ、うれしさを知った」と振り返る。

□ギターで伴奏

 小学生の頃からクラシックギターの教室に通い、演奏技術を磨いた。中学1年の時、音楽好きの父親から「娘のギターで歌ってみたい」と言われ、福山雅治の曲などをコピー。父親が歌うそばで伴奏するうち、自分もシンガー・ソングライターのmiwaや、歌手の大原櫻子(さくらこ)の曲を弾き語りするようになった。
 高校2年になると、恋愛などをテーマに作詞作曲に挑戦。「オリジナル曲をいろんな人に聴いてもらいたい」と、長崎市内のライブハウスで開かれている音楽イベント「ヤング ナガサキ ミュージック アクション(YNMA)」に出演するなど、活動の場を広げていった。

□「思い伝わる」

 転機は昨年の冬。YNMAの会場で曲を聴いた「ゼロ・クール・ミュージック」の社員から「声が良く、歌に込められた思いが伝わってくる」とスカウトされた。ASANAは「すごくうれしかった。音楽活動を応援してくれた家族や友人のおかげだと思った」と当時の心境を語る。
 現在は、学業と並行して新曲の制作などに追われる日々。新型コロナウイルス禍で人前でのライブ活動は難しい状況という。それでも「自分と同じように、コロナ禍でつらい思いをしている人たちを勇気づけられる曲を作りたい」と抱負。
 「輝くために」はカップリングにインストゥルメンタルバージョンを収録。レコチョク、アップルミュージックなど複数の音楽配信サイトで聴くことができる。29日から動画配信サイト「ユーチューブ」のゼロ・クール・ミュージック公式チャンネルで、ミュージックビデオが公開予定。