【ワイドショー通信簿】神の子マラドーナ急死にアルゼンチンは全土3日間の喪に 加藤浩次が「ナンバーワンでオンリーワン」と熱く語った (スッキリ)

©株式会社ジェイ・キャスト

「神の子」と呼ばれたサッカー界のスーパースター、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ(60)が25日(2020年11月)、心臓発作で死去した。現地メディアによると、今月初め(2020年11月)に硬膜下血腫の手術を受けた後、自宅で治療を受けていたという。アルゼンチン政府は3日間、喪に服すことを決め、フェルナンデス大統領は「あなたは私たちをトップに導いてくれた。あなたがいてくれたことに感謝する」との追悼コメントを出した。

伝説の「神の手」ゴールと5人抜きドリブル

マラドーナはアルゼンチン代表としてワールドカップに4回出場し、1986年メキシコ大会で優勝に輝いた。この大会のイングランド戦では、ヘディングのように見えて実は左手でボールを押し込んでいた「神の手」ゴールを決めたほか、5人抜きドリブルなどのプレーが伝説として語り継がれている。

マラドーナを見てサッカーが好きになったという司会の加藤浩次は「ナンバーワンであり、オンリーワンの選手。5人抜きという華麗なプレーを見せる一方で、手でゴールを決めるという悪さをして、自分の手なのに『神の手』だと言えてしまうディエゴ。その後、薬物で逮捕されるような人生だったが、アルゼンチンの人たちはマラドーナのことを愛し続けた。僕はマラドーナをずっと忘れないし、感謝しかありません」と熱く語った。