トランプ氏、元側近フリン氏に恩赦 ロシア疑惑で偽証の疑い

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

アメリカのドナルド・トランプ大統領は25日、側近だったマイケル・フリン元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に恩赦を与えると発表した。フリン氏はトランプ政権のロシア疑惑捜査で連邦捜査局(FBI)に偽証したことを2017年に認めたが、今年1月に有罪答弁の撤回を表明。米司法省が5月に起訴を取り下げると発表していた。

トランプ大統領は、広く見込まれていた恩赦について、「光栄」だと

した。

「マイケル・フリン中将に完全な恩赦を与えると発表できて光栄だ。フリンと彼の素晴らしい家族におめでとうと言いたい。きみは本当に素晴らしい感謝祭を過ごすことになる!」


ホワイトハウスは25日、この恩赦によって無実の男性に対するしつこい追求がようやく終わるとした。

フリン氏は星条旗の絵文字と、聖書のエレミヤ書1章19節「彼らはあなたと戦うが、あなたに勝つことはできない。わたしがあなたと共にいて、あなたを救うからである」を引用してツイートした。

フリン氏の支持者たちは同氏を、2016年大統領選で勝利したトランプ氏の新政権を非合法化するため、ロシアとの結託という根拠のない主張をしたバラク・オバマ政権による政治的復讐の犠牲者だとみなしている。

22カ月間におよぶ司法省の捜査は、2016年大統領選で勝利するためにトランプ氏や関係者がロシア政府と共謀していたことを立証する証拠が見つからず、2019年に終了した。

与野党の反応は

共和党員はフリン氏を、不当に訴追された英雄だとした。

リンジー・グレアム上院議員(共和党、サウスカロライナ州選出)は「フリン中将はロシアの工作員ではなかった。むしろ結果よければすべてよしという、政治的動機による捜査と訴追の犠牲者だ」と述べた。

ケヴィン・マッカーシー下院少数党院内総務(共和党)は、「フリン中将に起こった事は国辱だ。どんなアメリカ人も、特定の政党に属しているというだけで標的にされるべきではない」とツイートした。

一方で野党・民主党は即座に恩赦を与えるという判断を非難した。

民主党幹部のナンシー・ペロシ下院議長は声明で、「悲しいことに、この恩赦はトランプ氏が大統領職を維持できなくなったことをうけ、残りの任期で法の支配を弱体化させようとしていることをさらに示す証拠だ」と述べた。

下院司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長(民主党)は声明で、「この恩赦は不当で不道徳なものであり、急速に損なわれているトランプ大統領のレガシーをさらに損なっている」とした。

トランプ氏がこれまで恩赦や減刑を認めた人物は

退任を控えた大統領が恩赦を与えるのはよくあることだ。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターによると、トランプ氏は今のところ、現代の米国大統領の中で恩赦や減刑を与えた数が最も少ない。前任のオバマ氏は212件の恩赦と1715件の減刑を認めたが、これはハリー・トルーマン第33代大統領以来、最多だ。

トランプ氏がこれまでに認めた28件の恩赦と16件の減刑の一部は次の通り。

  • 2020年7月、共和党系ロビイストで、トランプ氏の長年の盟友ロジャー・ストーン氏について、刑務所入所前に禁錮刑の執行を免除した。ストーン氏は偽証や証人買収の罪などで有罪となっていた
  • 2017年8月、法廷侮辱罪で有罪判決を受けていた自称「全米一タフな保安官」、アリゾナ州の元保安官ジョー・アルパイオ氏に恩赦を与えた。アルパイオ氏は法律違反を犯していない移民の拘束をやめるよう指示する2011年の裁判所命令に背き、有罪判決を受けていた
  • 2018年4月、ディック・チェイニー元副大統領の首席補佐官だったルイス・「スクーター」・リビー氏に恩赦を与えた。リビー氏はCIA元工作員の身元が報道機関に流出した問題で、捜査当局に虚偽の証言をしたとして有罪となっていた
  • 2020年8月、女性の女性参政権獲得に尽力した活動家で、1873年に参政権がないまま投票し逮捕されたスーザン・B・アンソニー氏について、死後の恩赦を与えた
  • 2020年2月、麻薬共謀罪やホワイトカラー犯罪で服役中だったクリスタル・ムニョス氏、ジュディス・ネグロン氏、タイナス・ホール氏を釈放した。3人には幼い子どもがおり、米タレントのキム・カーダシアン氏が釈放を働きかけていた

米メディアは、ロバート・ムラー米特別検察官のロシア疑惑をめぐる捜査で有罪となった、トランプ陣営の選対副本部長だったリック・ゲイツ氏や、外交顧問だったジョージ・パパドプロス氏など、多数のトランプ氏の盟友も恩赦を望んでいると報じている。

(英語記事 Trump pardons ex-National Security Adviser Flynn