30球団のノンテンダーFA候補 レイズ・崔志萬の名前も

©MLB Advanced Media, LP.

メジャーリーグ各球団は日本時間12月3日までにサービスタイム(メジャー登録日数)が6年未満の40人ロースター内の選手に対して来季の契約をオファーするかどうかを決めなければならない。ここで来季の契約をオファーされなかった選手は「ノンテンダーFA」としてただちにフリーエージェントとなる。年俸調停権を持ち、年俸が実力に見合わないと判断された選手がノンテンダーFAになるケースが多い。メジャーリーグ公式サイトでは各球団の番記者が各球団から1人ずつ、ノンテンダーFA候補の選手をピックアップしている。

レイズの番記者を務めるフアン・トリビオは、ノンテンダーFA候補として崔志萬(チェ・ジマン)を選出。ただし、ノンテンダーFAの最有力候補だったハンター・レンフローはすでにDFAからウエーバーを経てフリーエージェントとなっており、トリビオは消去法で崔を選出したに過ぎない。トリビオは「レイズが年俸調停権を持つ選手の誰かをノンテンダーFAとしたらサプライズだ。最も可能性が高いのは崔だが、そうはならないだろう」と述べている。

また、ヤンキースの番記者を務めるブライアン・ホークはゲーリー・サンチェスを選出。「サンチェスが2021年の正捕手になるかどうかを疑問視するのは妥当だ」というブライアン・キャッシュマンGMの発言を紹介した。ただし、ホークは「ヤンキースは650万ドル前後と予想される来季の契約をサンチェスにオファーする方向に傾いている」とも伝えており、サンチェスがノンテンダーFAとなる可能性は低そうだ。

各球団の番記者が選出したノンテンダーFA候補は以下の通り。チーム状況によって候補者がいないチームも存在する。

◆アメリカン・リーグ東部地区
オリオールズ:パット・バライカ
レッドソックス:ライアン・ブレイシア
ヤンキース:ゲーリー・サンチェス
レイズ:崔志萬(チェ・ジマン)
ブルージェイズ:トラビス・ショウ

◆アメリカン・リーグ中部地区
ホワイトソックス:カルロス・ロドン
インディアンス:デライノ・デシールズ
タイガース:ジョー・ヒメネス
ロイヤルズ:マイケル・フランコ
ツインズ:エディ・ロサリオ

◆アメリカン・リーグ西部地区
アストロズ:アレドミス・ディアス
エンゼルス:ハンセル・ロブレス
アスレチックス:トニー・ケンプ
マリナーズ:なし
レンジャーズ:ダニー・サンタナ

◆ナショナル・リーグ東部地区
ブレーブス:ヨハン・カマルゴ
マーリンズ:ホゼ・ウーレイナ
メッツ:ロバート・グセルマン
フィリーズ:ビンス・ベラスケス
ナショナルズ:なし

◆ナショナル・リーグ中部地区
カブス:アルバート・アルモラJr.
レッズ:カート・カサリ
ブリュワーズ:コリー・クネーベル
パイレーツ:エリック・ゴンザレス
カージナルス:ジョン・ブレビア

◆ナショナル・リーグ西部地区
ダイヤモンドバックス:なし
ロッキーズ:トニー・ウォルターズ
ドジャース:スコット・アレクサンダー
パドレス:グレッグ・ガルシア
ジャイアンツ:ダニエル・ロバートソン