桜前夜祭「連座制適用の可能性も」

©株式会社エコノミックニュース

 立憲民主党の福山哲治幹事長は25日の参院予算委員会での質疑後の記者団の取材に答え、安倍晋三前総理の後援会が主催し都内で催した桜を見る会「前夜祭」の費用を巡る問題や当時の安倍氏の国会答弁に関し「政治資金規制法違反(虚偽記載)、(公職選挙法違反)買収罪、寄附禁止の違反も含め、状況によっては連座制も適用される可能性も出てくる」と指摘し「またぞろ森友・加計学園問題のときのように、他の人たちに責任をなすりつけて、自分たちが逃れることはできない」と問題の重さを示した。

 「菅総理は『捜査』と言いながら、一方で、『仮定の話、一般論で言えば」と言って、政治資金規制法違反に言及した。秘書官や安倍(前)総理から何も報告を聞いていないと言う。7年8カ月総理と官房長官の立場で行動し、この1年間、『桜を見る会』の問題について虚偽答弁を共にしてきた者の対応としては非常にまずいのではないか』と菅総理の姿勢についても問題とした。福山氏は安倍前総理、菅総理の対応は「立法府を蔑ろにする行為」と断じた。

 福山氏は「(前夜祭の明細書や領収書を発行してきた)ホテル関係者の思いは一体どういうものだったのか。森友学園問題の赤木さんの自死を含め、こういう思いをする人が出るのは非常に遺憾であるとともに怒りを覚える」と述べ「安倍前総理の問題についてはまだまだこれから真相究明をしていかなければいけない」として、集中審議を求めていくとした。(編集担当:森高龍二)