テニス=メドベージェフ、全豪OP前に練習の必要性を話す

©ロイター

[25日 ロイター] - 男子テニスの世界ランキング4位、ダニル・メドベージェフ(ロシア)は、来年1月に開催予定の全豪オープン(OP)について、大会前に練習する機会があることの重要性を語った。

オーストラリアのビクトリア州当局は25日、大会が開催されると述べたが、それは予定日の1、2週間後に始まる可能性が高く、選手たちは新型コロナウイルスの感染拡大を避けるために検疫を受ける必要があるだろうと述べた。

メドベージェフは米テレビ局CNNに対し「たとえば大会直前の検疫中に競技やトレーニングができなかった場合、大会は開催できないと思う」と述べた。そして、オーストラリアに到着してから2週間ホテルの部屋に閉じ込められた後、すぐに大会を行うことは危険だと語った。

メドベージェフは「私はそれが退屈なことだと不平を言っているわけではない」と付け加え、「14日間何もせずに部屋から出て、すぐに5セットの試合をするのは、スポーツ選手の健康にとって本当に危険だと思う」と話した。