日経平均は3日続伸、押し目買いで ハイテク株が相場押し上げ

©ロイター

[東京 26日 ロイター] -

日経平均

終値 26537.31 +240.45

寄り付き 26255.47

安値/高値 26255.47─26560.03

TOPIX

終値 1778.25 +10.58

寄り付き 1760.86

安値/高値 1759.56─1779.81

東証出来高(万株) 116400

東証売買代金(億円) 24792.56

東京株式市場で日経平均は3日続伸した。朝方は利益確定売りが先行し軟調なスタートとなったが、押し目買い意欲も強く後場には上げ幅を拡大。25日の米国株式市場の流れを引き継ぎハイテク株の一角が買われ、相場の押し上げ要因となった。ただ、短期間での急上昇で、引き続き相場の過熱感も意識されている。

25日の米国株式市場では、S&P総合500種とダウ工業株30種が前日に付けた終値での最高値から下落。一方、コロナ禍でも好調なIT関連セクターの大型株には買いが入り、ナスダック総合はプラス圏を維持した。

これを受けて、寄り付きの日経平均は反落してスタートしたが、その後プラス転化し徐々に上げ幅を拡大。市場からは「前日の米国株式市場ではハイテク関連株がけん引役となったが、今日の日本株市場でも同様の動きがみられる」(ソニーフィナンシャルホールディングスのシニアエコノミスト、渡辺浩志氏)との声が聞かれ、短期筋による積極的なハイテク株買いが相場を押し上げているとの見方も出ていた。

ただ、短期間で急騰したため、過熱感も意識され始めている。「ここ数日で1000円ほど上昇しており、利益確定売りに押されてもおかしくはない。また、12月にかけて新型コロナウイルスの感染者も増えることが予想される。日経平均は、節目の2万6000円台をキープできるかどうかが今後の焦点になりそうだ」(国内証券)との意見も出ていた。

個別では、マーベラスが大幅高。25日に、和風アクションRPG「天穂のサクナヒメ」の世界累計出荷本数が50万本を突破したと発表したことが材料視された。株価は11%高となり、東証1部の値上がり率第7位に入った。

その他、ソフトバンクグループ、任天堂も高い。

TOPIXは0.60%高で取引を終了。東証1部の売買代金は2兆4792億円だった。東証33業種では、その他製品、情報・通信業、精密機器、電気機器などの20業種が値上がり。半面、空運業、保険業、電気・ガス業など13業種は値下がりした。

東証1部の騰落数は、値上がり1299銘柄に対し、値下がりが791銘柄、変わらずが88銘柄だった。