小栗旬が「日本沈没」で主演。松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之と豪華共演!

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系では2021年10月期の「日曜劇場」枠で、小栗旬主演による「日本沈没―希望のひと―」(日曜午後9:00、開始日未定)を放送することが発表された。共演には、松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之の豪華俳優陣が決定している。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。翌年には同局でテレビドラマ化がされているが、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画などさまざな形で語り継がれてきた名作だ。刊行から48年の時を経て、主人公を含め、オリジナルキャラクターで大きくアレンジを加えて新たに制作する今作では、2023年の東京を舞台に、国家の危機に瀕してもなお、一筋の希望の光を見いだすために奮闘する人たち姿を描き出す。

10年の「獣医ドリトル」以来、11年ぶりに同枠での主演となる小栗が演じるのは、目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚・天海啓示。その根底にあるのは、環境問題に関してなんとしてもよくしたいという純粋な思いだ。官僚になってから仕事優先で家庭を顧みなかったために、1年前から妻子と別居。8歳の一人娘は妻と共に暮らしている。各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した「日本未来推進会議」に環境省代表として参加する中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、天海は大きな運命に巻き込まれ、未曾有の危機に立ち向かっていく。

そして、天海と同じく「日本未来推進会議」に経産省代表として参加している常盤紘一を演じるのは松山。常盤は、大手財閥の父を持つことから産業界にも顔が利く有力な若手官僚で、会議では議長も務めている有能な人物。天海とは大学の同期で互いを認め合っている。強引な天海と比べてバランス感覚に長けている常盤。04年の「リターンマッチ 〜敗者復活戦〜」(フジテレビ系=東海テレビ制作)以来、17年ぶりの共演となる小栗と松山。信頼で結ばれる天海と常盤の関わり合いも見どころの一つとなる。

小栗は「『日本沈没』といういまだかつてない困難に立ち向かっていく作品です。ただでさえ苦しい環境の中、この題材は非常に難しいお話ですが、その中でも“希望”と“人間の強さ”を届けられるよう、自分を含め、キャスト・スタッフ全力で希望を持って真摯(しんし)に作品に向かっていきます。今を生きる皆さんへの賛歌になれるような作品にしていきたいと思っておりますので、ぜひご期待ください」と気合十分で作品に臨む。

松山は「まだすべての台本が手元にないのでどんな話になるのか分かりませんが、想定外の国の危機に日本人はどう立ち振る舞っていくのか、どう助け合っていくのか、どんな答えが出るのか、楽しみです」と物語の展開に期待し、「客観的に国のこととそこに生きている自分自身を見つめ直すきっかけになる作品になると思います」とコメント。

さらに、杏が演じるのは週刊誌の女性記者・椎名実梨。正義感が強く、かつては政治部の記者だったが、攻撃的な姿勢が理由で週刊誌に異動。新聞記者に戻るために大きなスクープをあげるべく、環境省の腐敗を暴こうと必死に取材を続けている中で天海と出会う。天海の大義に気付いていく中で、次第にお互いを仕事人として、また1人の人間として認め合っていく役どころだ。

また、天海や常盤が参加している“日本未来推進会議”を発足した張本人であり、誠実さが売りで国民からの支持率が高い総理大臣・東山栄一役に仲村。東山総理は日本を環境先進国に向かわせるべく、汚染物質を海底地層に貯留するシステム「CONS(コムス)」の推進を発表したものの、日本沈没という未曾有の危機に直面することになる。

そして、香川は、原作でも重要な鍵を握る屈指の人気キャラクター、田所雄介役を担う。田所は、日本地球物理学界の異端児として学界の鼻つまみ者扱いをされていたが、突然“沈没の危機”を訴え、事態を一変させる。最初は「インチキ学者のたわごと」と相手にされないが、状況が田所の予測した通りに進んでいき、次第にその発言が注目されるようになっていく。「半沢直樹」での熱演が記憶に新しい香川は、今作で同枠出演11回目。小栗とは映画「キサラギ」以来14年ぶりの共演となる。小栗率いる日本を代表する俳優たちの演技合戦にも注目が集まる。

同局連ドラに初のレギュラー出演となる杏は「日本沈没というどうしようもない自然の脅威に、どう立ち向かうかというキャラクターたちの姿は、今の混乱の世の中で戦っている皆さまと近い気持ちで共鳴し合えるのかなと思っています。そして、演じる私たちもそのような不安や脅威を抱えつつ乗り切ることになります。これを映像として残せることは意味があるような気がしています。万全の体制で挑みつつ、全力でぶつかっていきたいと思います」と意気込みを語る。

「07年の『華麗なる一族』以来の日曜劇場。はじめての総理大臣役に緊張しています」と心境を明かす仲村は、「僕が演じる東山首相は、物語の初めは一国のリーダーとしてはやや弱く甘い男に見えますが、逆風の中、上り坂を登った足に力がつくように、最終回を見た人たちに、困難な状況の日々でも諦めず前を向いて歩き続けた人間の未来には少し強くなった新しい自分がいる、というような希望を感じていただけるように全力で頑張ります」と意欲を見せる。

そして、香川は「政府側の海洋環境改革方針に対し、独自の理論で徹底的に異論を唱える頑固な博士の役です」と役柄を説明し、「ドラマの原作は何十年も前のものですが、環境破壊問題は今、別の形でこの地球を襲っています。その意味でもわれわれには、未来まで持続可能な環境への取り組みが不断に求められている。日本が沈没するという、かつては荒唐無稽と思われたテーマを通して、地球が現在抱えている多くの課題を、あらためてこのドラマで訴えていきたいと思っています」と抱負を述べている。

また、本作の脚本は「華麗なる一族」(07年)、「獣医ドリトル」(10年)、「LEADERS リーダーズ」(14年)など、同系の数々のドラマを手掛けてきた橋本裕志氏が担当。橋本氏は「今へ、未来へとつながる、新たな『日本沈没』を目指して、これまでに映像化されたものとは違った角度からのアプローチで取り組んでいます。危機を前にした時にあぶり出される人間のさまざまな感情や、思いのぶつかり合い、極限状態だからこそ繰り広げられる人間ドラマが、そこにはあります。明日が見えない中で、それでも希望を探して生きていく登場人物たちのエネルギーを通して、皆さんに勇気を与えられる作品をお届けできればと考えています」とメッセージを寄せている。

2023年、東京。東山総理は、世界環境会議で汚染物質を液化して海底地層の隙間に貯留する「COMS」のさらなる推進を高らかに表明。さらに東山は、“未来の日本”を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた「日本未来推進会議」を発足。そのメンバーに環境省の天海、経産省の常盤も選ばれていた。

そんな折、ある週刊誌に関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介の記事が載る。この記事が原因で、一部の団体がデモを起こし、天海は事態収束のために田所と対面する。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄(ほんろう)される。その矢先、天海は週刊誌「サンデー毎朝」記者の椎名に「Dプランズ」という環境ビジネスで稼ぐ企業と環境省のあらぬ癒着疑惑を突きつけられる。一抹の不安を抱えつつ、常盤と共に趣味のスキューバーダイビングに出かけた天海は、そこで衝撃的な出来事に遭遇してしまう。