映画「天外者」出演女優が五代豊子生誕の地を訪ねる

©奈良テレビ放送株式会社

 来月公開される映画「天外者」に出演する女優の蓮佛美沙子さんが、役を演じた女性の生誕の地である田原本町を訪れました。

 この映画は、幕末から明治初期に薩摩藩士から政府の役人を経て実業家となり、今に続く商の都・大阪の基礎を作り上げた五代友厚の物語で、妻の豊子を蓮佛さんが演じます。

豊子は田原本町で儒学者の娘として生まれ、明治維新後、五代と結婚して彼の活躍を支えました。

映画の公開を前に、蓮佛さんは豊子が生まれた田原本町を訪れ、ゆかりのある場所などで撮影や取材に臨みました。

蓮佛美沙子さん

「ここでどういう思いをして生きていたんだろうなということに、より間近に実感したり、思いを巡らせることができて、映画の中で豊子さんと五代さんが夫婦として歩んでいった時間というものも、また違った密度で見ていけるのかなと思って、(作品への思いが)より深まった気がします。」

「誰もが夢を持てる国作り」の志を持った五代友厚を描いた映画「天外者」は、12月11日から全国で公開されます。