【Krush】菅原美優が計量パス、パンチ強化で「腕の筋肉ついた」ベルトに王手

©株式会社ヨシクラデザイン

引き締まった身体で笑顔の菅原

 11月27日(金)後楽園ホールで開催される『Krush.119』では[第3代Krush女子アトム級(-45kg)王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R]が行われる。

 ”美容師ファイター”として人気の菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)と、女子高生ファイター・MOE(18=若獅子会館)の両選手が、26日、都内にて前日計量を行った。

1年前、昨年12月の菅原のボディ(左)と今回(右)この当時よりも腹筋が割れ、肩周りが逞しくなって見える

 菅原は44.4kg、MOEは44.8kgと、両者とも一発クリア。ともに引き締まった筋肉をマッスルポーズで披露してみせた。

 菅原は昨日のツイッターで「今日は会社の食事会で、せっかく可愛い格好したのに、、、腕が、ごつくなってきた、ぴえん」とパーティドレス姿でマッスルポーズする動画を投稿している。

スラリと仕上げた肉体で計量に臨んだ菅原(左)とMOE(右)

 これについて菅原に尋ねると「パンチが苦手だったので、パンチをメインで練習しました。そういう部分で、ちょっと腕に筋肉ついたかなと思ってます」と、パンチを強化してきたゆえのたまものだと言う。戦績は5戦 4勝(0KO) 1敗で現在3連勝中。強化したパンチで王座獲得なるか。

 一方、高校生活最後の試合となるMOEは「菅原選手の対策練習をしてきた」と自信満々。6戦 3勝(0KO) 3敗 で前回のチャン・リー戦に続き連勝を狙う。そして「女子高生のうちに(Krushで)王者になっている人はいないと思うので、獲ります」と王座獲得へ意気込んだ。

☆この大会の対戦カード、チケット、スケジュールはこちら