Go To Eat東京が一時販売停止、新型コロナ感染拡大で

©株式会社BCN

「Go To Eat キャンペーン Tokyo」食事券(アナログ・デジタル)の販売と引換券(スマホ・はがき)の受け付けが、11月27日から一時停止する。事業を請け負うGo To Eat Tokyo 食事券発行共同事業体が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて発表した。

都は「Go To Eat キャンペーン Tokyo」食事券の使用も控えるよう呼び掛けている

期間は11月27日~12月17日の予定。なお、今後の感染状況を踏まえ、期間を変更する可能性があるという。はがきでの申し込みについては、11月27日消印まで有効としている。

また、感染が拡大している状況を踏まえ、Go To Eat キャンペーン Tokyoですでに購入した食事券の利用については、11月27日~12月17日の間、極力控えるよう呼び掛けている。

また、東京都は11月28日~12月17日までの期間、特別区と多摩地域の各市町村で酒類を提供する飲食店およびカラオケ店に対し、朝5時~夜10時までの営業時間の短縮を要請。全面的に協力した中小企業、個人事業主には、一律で40万円の協力金を支給する予定だ。

小池百合子都知事は、11月25日の会見で「都民の命を守るために手段を尽くして、重症化を防いで、医療崩壊を何としても回避しなければならない。これが一番重要」とし、「感染対策 短期集中」の標語を掲げ、あらゆる対策を講じていくとした。