広島・一岡も厳冬サイン 1700万円減5600万円に「切り替え、という言葉ではダメ」

©株式会社東京スポーツ新聞社

広島・一岡竜司

広島・一岡竜司投手(29)が26日、契約更改交渉を行い1700万円ダウンの年俸5600万円で更改。今季はシーズン途中に守護神も任されたが、結果を出せず2014年の移籍後、最少の19試合の登板で防御率6・23に終わり「これだけもらっていてこの数字だったら仕方がない」と振り返った。

不甲斐ないシーズンを「自分が一番得意にしている直球が一個甘く入って打たれることで半信半疑になってしまった。球威もそうですし、コースに投げられるように制球力を磨きたい」と猛省。

勝負の年となる来季に向けて「『切り替え』という言葉ではダメ。しっかり毎日反省しながら来年のキャンプを迎えたい」と引き締めていた。
(金額は推定)