不妊治療費の助成額を倍増へ

厚労省、2回目以降30万円に

©一般社団法人共同通信社

不妊治療の費用助成制度の見直し案

 厚生労働省は26日、不妊治療を受ける人への費用助成制度を巡り、2回目以降は1回当たり15万円となっている現在の助成額を、30万円に倍増する方向で調整に入った。年齢に応じて最大で通算6回までの回数制限も「子ども1人につき最大6回」に緩和する。事実婚も対象。初回の助成額は30万円のままとし、対象年齢は43歳未満で維持する。与党との最終協議に入る。

 2020年度の第3次補正予算案に関連費用を計上。菅首相は少子化対策の目玉施策として、不妊治療の公的医療保険の適用拡大を22年度に実施することを目指す。それまでの措置として、助成制度の拡充を20年度中に実施する方向。