遠藤航、24年まで契約延長

ドイツ1部シュツットガルト

©一般社団法人共同通信社

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ1部リーグのシュツットガルトは26日、2022年6月30日までとなっていた日本代表MF遠藤航(27)との契約を24年6月30日まで延長したと発表した。

 遠藤はJ1湘南、浦和を経て18年にベルギー1部リーグ、シントトロイデンに加入。昨年8月にシュツットガルトに期限付き移籍し、今年4月に完全移籍した。昨季はチームの1部復帰に貢献し、今季も主力としてプレーしている。