愛知県、錦三・栄に営業短縮要請 不安広がる外食業界 忘年会シーズン、対応に苦慮

©株式会社中部経済新聞社

営業時間の短縮を要請する大村知事

 新型コロナウイルスの感染再拡大に中部の自治体や外食業界の関係者が身構えている。愛知県は26日、名古屋の繁華街・錦三と栄地区で29日から12月18日までの20日間、接待を伴う飲食店などに営業時間の短縮と休業を要請すると発表した。忘年会シーズンの書き入れ時と重なるだけに、外食業界からは不安の声が上がった。