27日の天気 関東や北日本は冷たい北風 日本海側は午後から雨の範囲広がる

©株式会社ウェザーマップ

27日(金)の全国の天気と降水確率

 きょう27日は西日本ではこの時季としては気温が高くなるが、関東や北日本はあまり上がらず、北風が冷たい一日となりそうだ。

 天気は晴れ間の出る所が多いものの、日本海側は午後から次第に雨や雪の範囲が広がる見込み。

 また、関東も沿岸部を中心ににわか雨がありそうだ。

太平洋側 西は暖かく 関東は空気冷たい

27日(金)の予想最高気温[上]と東京の時系列予報[下]

 きょうは東海から西の太平洋側では晴れ間の出る所が多くなる。日差しとともに気温は18℃前後まで上がり、この時季としては暖かくなりそうだ。

 ただ、関東は南海上にある低気圧の影響で雲の多い一日となり、南部の沿岸部を中心ににわか雨がありそうだ。

 気温は朝からほとんど上がらず、東京の最高気温は13℃。北よりの冷たい風が吹くため、体感的にはより寒く感じられそうだ。  

 北日本も太平洋側ほど晴れ間があるが、夜遅くになると、東北で雨や雪の降る所がある見込み。

日本海側 スッキリしない空模様 雷雨の所も

27日(金)昼過ぎ[上]と夜遅く[下]の天気分布予想

 一方、日本海では別の低気圧が進むため、日本海側の地域は広い範囲でスッキリしない天気が続く。

 午前5時現在、一部で雨が降っているが、午後には山陰など西日本の日本海側で、夜には北陸あたりでも広く雨となりそうだ。雷を伴う所もあるため、落雷や突風などに注意が必要となる。

 また、夜遅くには、東北の日本海側にも雨雲がかかりだし、雪になる所もありそうだ。

北日本はこの時季らしい寒さに

27日(金)午後9時の上空の寒気と予想天気図

 北日本には上空に寒気が流れ込むため、晴れる所でも気温が低くなりそうだ。  きのうと比べると5℃以上低くなる所もあり、この時季らしい寒さとなる見込み。

(気象予報士・多胡安那)