阿部華也子“強風”でスカート密着…モグラのような隆起に視聴者大熱狂!

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)Denis Bukhlaev / Shutterstock 

〝出会いバー長時間ベロチュー事件〟が明らかとなるも、引き続き『めざましテレビ』(フジテレビ系)で天気を読み上げている阿部華也子。スキャンダルの衝撃冷めやらぬ11月20日の放送で、さらなる衝撃のワンシーンを見せた。

阿部の騒動が発覚したのは、11月17日発売の写真週刊誌『FLASH』でのこと。朝番組の出演者らしい爽やかさで売っていた阿部のイメージとは反するスキャンダルに、ネット上は大きなショックに包まれた。

必然的に、視聴者の注目は、いつも以上にお天気コーナーに集中。多くの視線が集まる中、阿部はとんでもない姿を晒してしまった。

阿部はいつものようにフジテレビの敷地内から天気を伝えたのだが、この日の関東地方は低気圧の影響により朝から猛烈な強風。彼女も髪が乱れ、服も派手になびいてしまう。すると、この天の恵みにより、薄手のロングスカートが下半身にピッタリと密着したのだ。

阿部華也子のドテ盛りつゆだくがバレてしまう

その瞬間、股間からとんでもない隆起が、まるでモグラのように顔を出す。シルエットは土手どころではなく、前方後円墳のごとく文化遺産級サイズだ。

しかも、この強風は絶えず吹き続いたため、股間シルエットのフルオープン大露出も長時間にわたって継続。男性のもっこりにも負けない〝張り付き露出〟はベロチュー並の衝撃で迎え入れられ、ネット上には

《土手高モッコリでスジまでわかるな》
《もうここまで見せたんだから水着解禁だろ》
《かやこ「ナンパ酒場の話題逸らしに見せたら上手くいったっちゃ! 私のファンはスケベな男ばっかりっちゃ」》
《親父、ドテ盛りつゆだくで!》

など、強風以上の熱狂が吹き荒れた。

辞書を引くと、「可也」の欄には「相当の程度以上に達しているさま」と書いてある。阿部の場合、そこに華やかさも加わり、まさに「華やかに相当の程度以上のアレ」を持っているのかもしれない…。「名は体を表す」とはこのことか?