<あのころ>三菱高島砿が閉山

石炭抱えヤマを去る

©一般社団法人共同通信社

1986(昭和61)年11月27日、105年の歴史を持つわが国最古の炭鉱、三菱石炭鉱業高島砿業所(長崎県)が閉山した。円高で国際競争力を失った国内炭の撤退政策による閉山の第1号。最後の仕事を終えた鉱員が、記念の石炭を抱えてヤマを去る姿も見られた。