[Alexandros]が「MG」第2号表紙に登場。ジャニーズWEST・神山とOfficial髭男・dism小笹の対談、JO1のグラビア&インタビューも!

©株式会社東京ニュース通信社

新しい時代に合った、新しい音楽の楽しみ方を提案する、新しい音楽雑誌「MG(エムジー)」第2号が11月27日に発売。 超BIGサイズの誌面で大迫力のグラビアとライブリポートをおくる。

表紙・巻頭特集には[Alexandros]が登場。深海や水をテーマに作り込まれたセットの中で行われた大ボリュームのスーパーフォトセッションは必見。また、スチール撮影と同時に行われたメーキングムービーも公開されている。今年2020年にデビュー10周年の華々しいアニバーサリーイヤーを迎えるはずだった[Alexandros]は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けさまざまなスケジュールが延期に。しかし、「常に脱皮だと思うし、常に壊して作っていくことだと思う。それが楽しい」という川上洋平の言葉からも感じる、前を向くポジティブなパワーを感じられるインタビューになっている。また、来年1月20日にリリース予定のベストアルバム、1月19・20日に開催予定の東京・国立代々木競技場 第一体育館でのワンマンライブへの思いも語る、1万字インタビューは見逃せない。

SPグラビア&インタビューには、「第71回NHK紅白歌合戦」の初出場も決まった瑛人、記念すべき1stアルバムをリリースしたJO1、BLUE ENCOUNT、Little Glee Monsterマカロニえんぴつgo!go!vanillasから牧達弥、Reiが登場。瑛人は「人生って、何が起こるか分からないなって、心の底から思います」と語り、JO1はアルバムへの手応えをたっぷり語っている。

ジャニーズWEST神山智洋の連載では、神山たっての希望により、Official髭男dismのギタリスト・小笹大輔との対談が実現。小笹もジャニーズWESTのファンであり、まさに“相思相愛対談”は必見だ。また、マカロニえんぴつ・はっとりの対談連載にはアルコ&ピースの平子祐希が登場。アルコ&ピースのラジオのファンだというはっとりの念願かなった、濃すぎる対談になっている。indigo la Endによる“夜“をテーマにしたフォトエッセーは、ドラムの佐藤栄太郎が鮮烈な文章を寄稿。

MG特集の「福岡発!次世代アーティストたちが生み出す新たな音楽」では、今、音楽シーンで話題のyonawo、神はサイコロを振らない、Rin音の3組が登場。福岡という街が育んだ彼らの音楽について、今の状況、今後の活動について、飾らない言葉で語る。Spotifyと連動した「地元を感じるプレーリスト」にも注目。さらに、今YouTubeで話題沸騰の「THE FIRST TAKE」を総力特集。誕生1周年を記念し、このプロジェクトが作り出した新たな音楽の楽しみ方を、キーパーソンや参加アーティストによる言葉でひもとく。北村匠海DISH//)、Creepy Nuts、長屋晴子(緑黄色社会)が「THE FIRST TAKE」を体感し、率直な言葉で綴る。

BIGサイズの判型を生かした大迫力のライブリポートも盛りだくさん。新型コロナウイルスの影響で、この秋に延期されていたツアーが無念の中止となったものの、初の配信ライブを有観客で開催したASIAN KUNG-FU GENERATION。 「本当に本当にタフな時代だけど、今を生き抜いて、また生きて会いましょう」という後藤正文の言葉が胸に刺さる圧巻のライブリポートをMG独占カット満載でおくる。さらに、こちらも東京ドームでの有観客ライブを実施したTHE YELLOW MONKEYや、フジファブリック、back numberのライブの模様をお届けする。

そして、BTS特集では、全世界191の国と地域で99万3千人が視聴した配信ライブ「BTS MAP OF THE SOUL ON:E」と、初のオンライン授賞式として開催された「2020 Billbord Music Awards」でのパフォーマンスを美しい写真でリポートする。

最後に、MG登場アーティストからのサイン入り生写真やレコード型コースターのプレゼント企画も。コンテンツが盛りだくさんとなっている。