フォーミュラE:開幕に向け公式テストが11月28~12月1日に実施。ドライバーも続々と発表

©株式会社サンズ

 2021年1月16日にチリのサンティアゴで2020/2021年“シーズン7”の開幕を迎えるABB FIAフォーミュラE選手権。開幕戦に向けて11月28~12月1日に公式プレシーズンテストが実施されるが、参戦する各チームからドライバーラインナップの発表が行われている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、昨シーズンの開催スケジュールが大きく変更されたフォーミュラEだが、創立7年目となるこの“シーズン7”からは、FIA公認のワールドチャンピオンシップとして開催することが決定済みだ。

 そんな2020/21年シーズンの開幕に向けて、参戦する各チームがドライバーの発表を続々と行っている。すでにニッサン・e.ダムスやアウディスポーツ・アプト・シェフラー、メルセデス・ベンツEQなどがドライバーラインアップを明らかにしており、日本で活躍するニック・キャシディも、来季はエンビジョン・ヴァージン・レーシングからのフォーミュラE参戦が決定している。

 そんななか、チャンピオンチームのDSテチーターが11月25日に、ディフェンディングチャンピオンのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタとジャン=エリック・ベルニュの継続を発表し、マヒンドラ・レーシングもアレクサンダー・シムズとアレックス・リンというドライバーラインアップを明らかにした。NIO 333レーシングはオリバー・ターベイのチームメイトとしてトム・ブロンクビストを起用する。

 唯一の日本メーカーとして電動フォーミュラレースに参戦し、昨シーズンのチームランキングで2位に輝いたニッサン・e.ダムスは既報のとおり、エースのセバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドのコンビを継続して悲願のチャンピオンを狙う。

 そして、ジェオックス・ドラゴンからドラゴン/ペンスキー・オートスポーツに名を変えて参戦するチームは、来シーズンに向けてセルジオ・セッテ・カマラの起用を発表している。しかし、チームメイトはまだ明らかにされておらず、ラインアップのなかで唯一の空席となっている。

 フォーミュラEは1月の開幕に向け、11月28日~12月1日までスペインのバレンシア・サーキットで公式プレシーズンテストが行われ、その場で12チーム24台すべてのドライバーが明らかになる予定だ。

■2020/21年ABB FIAフォーミュラE選手権ドライバーラインアップ(11月26日時点)

Driver Team

アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ DSテチーター

ジャン-エリック・ベルニュ DSテチーター

セバスチャン・ブエミ ニッサン・e.ダムス

オリバー・ローランド ニッサン・e.ダムス

ストフェル・バンドーン メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム

ニック・デ・フリース メルセデス・ベンツEQ・フォーミュラEチーム

ロビン・フラインス エンビジョン・ヴァージン・レーシング

ニック・キャシディ エンビジョン・ヴァージン・レーシング

マキシミリアン・ギュンター BMW i アンドレッティ・モータースポーツ

ジェイク・デニス BMW i アンドレッティ・モータースポーツ

ルーカス・ディ・グラッシ アウディスポーツ・アプト・シェフラー

レネ・ラスト アウディスポーツ・アプト・シェフラー

ミッチ・エバンス パナソニック・ジャガー・レーシング

サム・バード パナソニック・ジャガー・レーシング

アンドレ・ロッテラー タグ・ホイヤー・ポルシェ

パスカル・ウェーレイン タグ・ホイヤー・ポルシェ

アレクサンダー・シムズ マヒンドラ・レーシング

アレックス・リン マヒンドラ・レーシング

エドアルド・モルタラ ロキット・ベンチュリ・レーシング

ノーマン・ナトー ロキット・ベンチュリ・レーシング

セルジオ・セッテ・カマラ ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツ

TBA ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツ

オリバー・ターベイ NIO 333レーシング

トム・ブロンクビスト NIO 333レーシング