岡山県北でスノーポールの設置作業 約8400本のポールがドライバーの安全を守る

©株式会社瀬戸内海放送

岡山県北の道路脇に、スノーポールを設置する作業が始まっています。

スノーポール

スノーポールは雪に埋もれても道路の端が分かるようにするもので、除雪作業の目印として活用される他、ドライバーを適切に誘導するために設置されます。

真庭市の国道482号

美作県民局・真庭地域事務所は真庭市と新庄村で、国道や県道で雪が積もる約180キロにスノーポールを設置します。

30~100メートル間隔でポールを立てる

このうち真庭市の国道482号では、作業員が30~100メートル間隔で長さ3~4メートルのポールを道路脇に立てていきました。

このポールの設置作業は12月上旬まで行われ、約8400本のポールが冬のドライバーの安全を守ります。