『君と世界が終わる日に』N.Flyingキム・ジェヒョンの出演決定 「すごくいい経験に」

©ブロードメディア株式会社

ドラマ『君と世界が終わる日に』に出演するキム・ジェヒョン(C)日本テレビ

俳優の竹内涼真が主演を務める2021年1月スタートのドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、韓国のバンドN.Flyingのドラム担当キム・ジェヒョンが出演することが発表された。口数は少ないが心優しい韓国人青年ユン・ミンジュン役を演じる。

本作は、サバイバル×ラブストーリー×ミステリーの3つの軸が絡み合う、極限の人間ドラマ。日本テレビ×Hulu の共同製作ドラマとして、1月より日本テレビ系にてSeason1が放送され、全10話で一度完結。その後、3月よりHuluにてSeason2全6話が配信される。主演の竹内は、どんな状況でも諦めず、死と隣り合わせの終末世界を生き抜く、たくましいサバイバー・間宮響役を演じる。

本作出演のため来日したジェヒョンは「日本のドラマに出演するのは初めてなので、不安も緊張も沢山ありました。ですが、毎日新しいことを覚えて、学んで、自分自身にとってすごくいい経験になっています。僕は韓国では音楽活動をしていて、メンバーたちとは80歳までやりましょうといつも言っているんですが、きっとこの作品のことは80歳になっても忘れないですね」とコメント。

自身の役どころについては、「僕は普段感情を表に出して笑う方なんですが、ミンジュンは僕とは全然違って感情を表に出さないし笑わないですね。でも自分自身とミンジュンとの違いが演技をする上でいちばん大事かもしれないなと思っています」としている。

新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』は、Season1(全10話)が日本テレビ系にて2021年1月より毎週日曜22時30分放送。Season2(全6話)が、3月よりHuluにて配信。

<コメント全文>

■キム・ジェヒョン(ユン・ミンジュン役)

日本のドラマに出演するのは初めてなので、不安も緊張も沢山ありました。ですが、毎日新しいことを覚えて、学んで、自分自身にとってすごくいい経験になっています。僕は韓国では音楽活動をしていて、メンバーたちとは80歳までやりましょうといつも言っているんですが、きっとこの作品のことは80歳になっても忘れないですね。

韓国ではすごく仲がいい相手に「ヒョン(お兄さん)」をつけて呼ぶんですが、僕が竹内さんに「涼真ヒョン」と言うと竹内さんは「いいじゃん!」と言ってくださって。涼真ヒョンとか、(笠松)将ヒョンとか、大谷ヒョン、マキタヒョン、笹野ヒョンとか…ちょっと失礼かもしれないですけど、そう呼ばせてもらって(笑)。皆さんとすごくいい雰囲気で撮影させてもらっているので、とても感謝しています。

僕は普段感情を表に出して笑う方なんですが、ミンジュンは僕とは全然違って感情を表に出さないし笑わないですね。

でも自分自身とミンジュンとの違いが演技をする上でいちばん大事かもしれないなと思っています。

ロマンチックだったり、サバイバルだったり…この作品についてまだ言えないこともありますが、観た皆さんがびっくりする作品だと思います。

僕自身も早く観たいです!皆さんもぜひ期待して、放送を待っていてください!