最大300万円支援 食料品製造業の付加価値向上を 長崎県、認定企業募集

©株式会社長崎新聞社

 長崎県は食料品製造業者の付加価値向上を支援する「県フード・バリューアップ事業計画」の補助対象となる認定企業を募集している。同事業計画が認定されれば、商品開発や販路開拓、設備導入にかかる経費を半額以内の300万円を限度に補助する。12月11日まで。
 県企業振興課によると、県内に主な生産拠点があり、製造にかかる売上高または生産額がおおむね1億~5億円の企業が対象。
 県産材、歴史、便利食、安全・安心・機能性などに着目して、ギフト用品・業務用品・日用品など新たな市場を開拓し、5年間で付加価値額が20%以上増加する計画を県に提出することが認定要件。
 申し込みは同課に事前相談後、ホームページから所定の様式で事業計画書などを作成して郵送。問い合わせは同課(電095.895.2637)。