狭い道路ですれ違いができない…過疎地域想定した自動運転の実証実験始まる 静岡・松崎町

実用化に向け、静岡県松崎町で自動運転の実証実験が始まりました。
これは県が3つの地域で行う実証実験の1つで、松崎町は過疎地域を想定した内容です。

実験はせまい道路で、自動運転による車のすれちがいができないという想定で行われました。
車にはすれちがいを回避するため、対向車の情報を提供するシステムが導入されているということです。