冷たい風と太陽で甘み 落花生、天日干し 牛久

©株式会社茨城新聞社

最盛期を迎えている落花生の天日干し作業=牛久市女化町

収穫した落花生を天日干しする作業が、主な産地の一つである牛久市で最盛期を迎えている。乾燥した冷たい風と太陽の光を浴びることで、甘みが強まるという。茨城県の落花生の生産量は千葉県に次ぎ全国2位を誇る。

牛久市女化町で生産加工販売する「沢田茶園」は、朝から作業に追われ、収穫した落花生を水洗いして、1畳ほどの木枠に張った網の上に敷き詰める。天日干しする落花生は1日当たり約200キロで、晴天の日には約6時間で乾く。

沢田臣男代表(51)は「今年は梅雨明け後の日照時間が長く、台風の影響もなかったので非常に良い落花生ができた」と笑顔で話した。作業は来月10日ごろまで続く。