アーセナルが怒涛の4連勝で決勝T進出!北川が途中出場したラピド・ウィーンは突破に望み

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

UEFAヨーロッパリーグのグループB第4戦が行われ、アーセナルが敵地でモルデと対戦。北川航也が所属するラピド・ウィーンはダンドークとの一戦に臨んだ。

トッテナムがGS初の連勝を狙うアーセナルはノルウェーの地で決勝T進出を果たせるか ~ELプレビュー~

モルデ vs アーセナル
ELで快進撃を続けるアーセナルは、50分に左サイドからジョー・ウィロックがクロスを送ると、ニコラ・ぺぺが左足で沈め先制に成功。5分後には再びウィロックのクロスからリース・ネルソンが押し込み、アーセナルが追加点をゲットする。83分には1分前に途中出場したばかりの19歳フォラリン・バログンがネットを揺らし、3-0で勝利したアーセナルが4連勝で決勝ラウンド進出を果たした。

リーグで下位に低迷するアーセナル…エブラは創造力の欠如を揶揄「ウォーリーじゃなくエジルを探せ」

ダンドーク vs ラピド・ウィーン
グループ2位争いを演じるラピド・ウィーンは、11分にクリストフ・クナスミュルナーがロングシュートで先制弾をもぎ取る。勢い付くウィーンは37分にエルジャン・カラが追加点を挙げると、58分には再びカラがゴールを奪取。66分には北川が途中出場し、攻撃にアクセントを加える。最終スコア3-1でウィーンが勝利を収め、GS突破に望みを繋いだ。

アーセナルが4連勝で決勝T進出※写真 MB Media