櫻井翔、大ファンのMr.Children・桜井和寿と対談が実現

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で11月30日放送のニュース番組「news zero」(月~木曜午後11:00、金曜午後11:30)で、Mr.Childrenの桜井和寿と、番組の月曜にキャスターを務めている嵐・櫻井翔の対談が放送されることが分かった。

これまで、アスリートや建築家、政治家など多くのトップランナーと対談を行ってきた櫻井は、「相手の懐に入り込む力」で、取材対象者の知られざる一面や言葉を引き出してきたが、今回ついに、桜井との特別対談が実現。もともとファンであった櫻井がMr.Childrenのライブに訪れたことはあるが、2人がじっくりと話をしたのはこれが初めて。さらに、桜井がテレビでの対談に登場するのは、実に5年ぶりとなる。

1時間にわたって行われた対談では、新型コロナウイルスの感染拡大でさまざまな活動が制限される中、桜井はどう過ごし、どう音楽と向き合ったのか、また2年2カ月ぶりにリリースされる通算20枚目のアルバム「SOUNDTRACKS」に込めた思い、さらには再来年に結成30周年を迎えるMr.Childrenの今後など、たっぷりと語る。

そんな桜井に導かれるように、嵐として大事な時を過ごす櫻井も「今」の心境、そして、「この先」の未来について、その胸中を明かす。先だって一部放送された中で、櫻井は「やり残したことっていうのが生まれてしまった1年かと思うが…」「自分たちの活動ができなくなった、どうなるか分からないという中、桜井さんに書いていただいた曲『smile』、急に手元にきた宝物のようなもの」、桜井が「僕は諦めるのがうまいというか、音楽にしろスポーツにしろ、何かプラスアルファの有り余った力があるからこそ、動かせるもののような…」「一番みんながスマイルを必要としている時に、一番この曲を歌うにふさわしい方が歌ってくれた」と語っていた2人。

11月23日の放送で、Mr.Childrenの大ファンでもある櫻井は「ファンが思いの丈を伝える時間になってないか…」と対談がかなり熱いものになったことを明かし、「時間としてはたっぷりといただきましたが、感覚としてはあっという間でした。お互い、いろんな話をじっくりと踏み込んだところまでお話できた貴重な時間だった」と振り返っていたが、トップを走り続ける2人が語る、それぞれの「今」と「この先」に注目だ。