あしなが学生募金「クラファン」で支援呼びかけ 街頭活動中止で「遺児の現状知ってほしい」

©弁護士ドットコム株式会社

あしながグローバル100チャレンジ(クラウドファンディングHPより)

街頭での募金活動を通じて遺児の支援を行っている「あしなが学生募金事務局」は、あしなが育英会と協働し、クラウドファンディングによる募金キャンペーン「あしながグローバル100チャレンジ」(https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga)を実施している。実施期間は2021年2月8日まで。

あしなが学生募金は、病気、災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもの進学を支えるためのもので、毎年春・秋に全国の主要駅前などの街頭で行っている。

しかし、新型コロナの感染リスクから学生を守るため、2020年の街頭募金活動は春・秋ともに中止を決定。コロナ禍で支援を必要とする遺児学生がさらに増える中、奨学金が不足するおそれが懸念されていた。

学生個人やグループがテーマを持って取り組むプロジェクトを順次立ち上げ、寄付を募る。5〜7月にも実施された、あしなが育英会主催のプロジェクトも第二弾として並行して実施される。どのプロジェクトへ寄付しても、あしなが育英会を通じて遺児学生などの進学支援金として利用される。

●クラファンは「街頭募金活動に代わるもの」

画像タイトル

あしなが学生募金事務局クラウドファンディング広報担当の池本充希さん(北海学園大学4年)は、「街頭募金活動は遺児の現状や自分たちの想いを知ってもらう貴重な機会。中止となりとても悔しい気持ちです」と話す。

最終学年の池本さんとしては、自ら声をあげられる最後の機会を失ったが、あしながグローバル100チャレンジを「街頭募金活動に代わるもの」と位置付け臨んでいる。

「自分もコロナ禍でバイト先のシフトが減り、生活費の捻出に苦労しましたし、就職活動でも影響を受けましたが、支援を必要とする遺児学生はまだまだいます。今回のプロジェクトを通じて、多くの人に現状を知ってもらい、少しでも支援していただければと思います」

●クラウドファンディングプロジェクト

あしなが育英会主催プロジェクト「Power of Hope: 遺児たちに希望のチカラを届けたい」
https://camp-fire.jp/projects/view/341942

池本充希さんのプロジェクト「誰かではなくあなたの考動を待っている人がいる」
https://camp-fire.jp/projects/view/345422

画像タイトル