強く、逞しく生きる子供たちの姿を描く 今月の編集部イチオシ映画「ヒトラーに盗られたうさぎ」

©株式会社近代映画社

毎月公開される新作映画は、洋画に限っても平均40本以上!限られた時間の中でどれを見ようか迷ってしまうことが多いかも。そんなときはぜひこのコーナーを参考に。スクリーン編集部が“最高品質”の映画を厳選し、今見るべき一本をオススメします。今月の映画は世界的絵本作家ジュディス・カーの自伝的小説を映画化した「ヒトラーに盗られたうさぎ」です。

今月の一本「ヒトラーに盗られたうさぎ」
2020年11月27日(金)公開

『わすれんぼうのねこモグ』シリーズや『おちゃのじかんにきたとら』などで知られる世界的な絵本作家ジュディス・カーが少女時代の実体験を綴った自伝的小説『ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ』を映画化。

ヒトラー台頭による恐怖政治から逃れるため、故郷ベルリンを離れた9歳の少女アンナと一家の過酷な亡命生活を描く。監督は「名もなきアフリカの地で」で第75回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したカロリーヌ・リンク。

監督/カロリーヌ・リンク
出演/リーヴァ・クリマロフスキ、オリヴァー・マスッチ、カーラ・ジュリ

© 2019, Sommerhaus Filmproduktion GmbH, La Siala Entertainment GmbH, NextFilm Filmproduktion GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

編集部レビュー

異常な事態が“日常”の子供たちの姿が逞しい

何の予備知識もなく一見して、この映画のタッチというか内容、どこかで見たことがある……と気になって監督のカロリーヌ・リンクのプロフィールを見たら、そのフィルモグラフィーの中にあった「名もなきアフリカの地で」(2001)がどんぴしゃだった。

たしかあの映画もナチスの迫害から逃れてアフリカに渡るユダヤ系の女の子の話だった、と思って調べるとやはりその通りで、あちらもこちらも自伝的小説の映画化。避難先が違うとはいえ、こんな実話が他にいくつもあったのかも、と思うと、そんな時代に生まれた子は不憫だったなどと考えてしまいそうだが、映画の主人公はもっと逞しく人生を生きている。

異常な事態にあっても強く生きる子供の姿をこそ、監督は訴えたいのだろう。外連味のない演出はそれが彼女たちの“日常”だったと言いたいのかもしれない。

レビュワー:米崎明宏
編集長。原作者の作家ジュディス・カーは知らなかったが、代表作『おちゃのじかんにきたとら』のアニメ版はベネさんが声優をしていたような…

「失ったものを数えない」という強さ

ジュディス・カーという名前に馴染みがなくても、あの温かい絵に触れて育った人は多いかもしれない。この世界的絵本作家のルーツに迫るのが本人の自伝的小説を映画化した本作。原作はドイツの学校教材にもなっているという。

彼女が幼少期を送ったのはヒトラーの時代。ユダヤ人の彼女の一家は故郷からの亡命を余儀なくされる。とはいえ比較的恵まれていた彼女たちの生活は「アンネの日記」ほどに過酷ではない。本作はむしろ“冒険映画”のようなトーンで、この9歳の少女が逆境をどう逞しく生きたかを描いていく。

ヒトラーに奪われるそれまでの生活、大切なもの。それでも彼女はいつも前向きだ。大事なのは「失ったものを数えない」こと。そんな彼女の生きる姿勢が凝縮された最後のセリフが胸に沁みる。彼女の絵本の内容に通じる気高き魂が、ここに確かにあった。

レビュワー:疋田周平
副編集長。主人公アンナ役のリーヴァさんがとても印象的。ジュディスさんと同じ地区の小学校に通っていたそうで、運命を感じますね。

編集部レビュー(後半)

子供目線で見る歴史では描かれない戦争

ドイツの絵本作家ジュディス・カーの自伝的児童文学を映画化した本作。子供目線で描かれる“戦争”は私たちの知る歴史とは少し違うのかもしれません。

一家亡命という過酷な状況でも、学校を休みたくないと駄々をこねたり、慣れ親しんだ家具一つ一つにさよならを告げたり。子供らしい行動を丁寧に描く演出が、幼少期の記憶を引き戻し、自分の目線も変わっていくのを感じるのは不思議な感覚でした。

状況は違いますが、通常とは違う生活を強いられる今の時代も、子供は大人の心配を他所に逞しく生きているのかもしれません。本作でも別れを乗り越えながらも、愛情深い両親のもと前向きにのびのびと育っていく主人公の姿はこちらまで元気になるほど。どんな時代であっても、子供たちにとっては決して悲惨ではなかったのだと教えてくれるような気がします。

レビュワー:阿部知佐子
主役を演じる女の子が魅力的。編集部でクロエ・グレース・モレッツ似かジュリエット・ビノシュ似か論争が!? とにかく将来期待大です。

前向きに生きる一家の柔軟性が素敵

ドイツの絵本作家の実体験が原作で、ヒトラーの支配が強まるドイツからユダヤ人一家が亡命する…と書くと悲壮感漂う戦争もののように感じますが、本作は収容所も兵隊も爆弾も出てきません。

そこに描かれているのは前向きに生きる一家の日常。「過去にこだわっていると視野が狭くなる」と子供達に説く父アルトゥアの言葉に象徴されるように、各国を渡り歩く一家による社会の荒波の乗り越え方、生き方のヒントがそこかしこに。母国のドイツからスイス、そして言語が違うフランスへと移住を余儀なくされても、その度に変化を受け入れる強さがとても美しく、その柔軟性は己に積極的に取り入れたいと思ったほど。

また、物事には色んな見方があると教える父の存在は温かく、エンドロールを迎えても、まだまだこの一家と一緒にいたいな、と名残惜しい気持ちになりました。

レビュワー:中久喜涼子
引っ越しの度に、慣れ親しんだ道や壁などあらゆるものに「サヨナラ」と呪文のように話しかけるアンナの瑞々しい感性にも注目です。

どこへ行っても“らしさ”を忘れない一家に感動

1933年2月、ナチスによる恐怖政治が進行し始めたベルリン。ユダヤ人のケンパー家も例外ではなく、ヒトラー批判をしていた演劇批評家の父が弾圧の対象に。9歳のアンナは両親、兄と共に慣れ親しんだ町、お手伝いさん、そして桃色のうさぎのぬいぐるみに別れを告げ、スイスへ向かう。これはフランス、イギリス……と続く亡命生活の始まりだった。

原作が児童文学だからか、世界に暗い影を落とした出来事をこんなにも悲壮感なく描けることに驚いた。過酷な亡命生活も本作にかかれば“ちょっと転勤が多い一家”に早変わり(実際そんな単純ではないが)。

深刻な現実を語る場面では牧歌的な風景を、辛い局面に陥った場面ではユーモアに富んだ台詞を。そんな精神が随所に感じられた。家財道具と一緒にナチスに没収されたうさぎを“ヒトラーに盗られた”と表現する発想も愛おしい。

レビュワー:鈴木涼子
全編通してハッピーな描写が多く、前向きな気分に。とくに、手紙が届かずしょげるアンナに兄が言う“明日3枚届くさ!”の台詞が気に入っています。