祭nine.が「轟け、獅子太鼓」をリリース!「僕らは大好きなファンのみんなといれたらWINだよね」

©株式会社東京ニュース通信社

東海エリアを中心に全国に向けて活躍中の男性ユニット・BOYS AND MENの弟分である祭nine.が、11月25日に新曲「轟け、獅子太鼓」をリリース! ユニバーサルミュージック移籍後第1弾シングルとなる本作について、たっぷり語ってもらった。

――ニューシングルの「轟け、獅子太鼓」は、どのような1枚に仕上がりましたか?

横山統威 「これまでも、りっくん(神田陸人)が“バラエティーパック”とか例えてきましたけど、今回は再出発のCDということで、今まで以上にこだわりぬいて作られた1枚になっていると思います。カップリング曲は、全部がリード曲でもいいくらいの内容で、完成度が高いので…。あれです、“コンプリートパック”ですね!」

髙崎寿希也 「“ベストアルバム”みたいなね」

横山 「いや、“ロイヤルCD”です!」

神田陸人 「そこ、俺にキャッチコピーつけさせてくれんの!?」

全員 「あはは!」

寺坂頼我 「これまではりっくんの役割だったからね(笑)」

髙崎 「新体制になったから、そこの担当も変わったんだよ(笑)」

――「轟け、獅子太鼓」のミュージックビデオ(MV)には、3時のヒロインさんが出演してくださっていますね。

野々田奏 「3時のヒロインさんはMV撮影自体が初めてだったんだよね」

横山 「ありがたいよね。僕らで3人を持ち上げました!」

浦上拓也 「振り付けにあるんだよね」

神田 「メンバー以外の方とアクロバットをすることが初めてだったし、3時のヒロインさんも『空を飛べて楽しい』っておっしゃってくださって」

野々田 「あと今回は、何回も繰り返し踊って撮ったMVで。最後まで踊り続けたことで、はじけ飛んだ『つらいけどやってやる!』って表情が見られるMVになったんじゃないかなと思います」

寺坂 「『轟け、獅子太鼓』は“ザ・お祭りソング”なので!」

神田 「僕らと一緒に『お祭りって楽しい』という思いを共有してもらえたらいいなと思います」

――カップリング曲についても教えてください。「WIN! WIN! WINTER」は祭nine.にとって初のウィンターソングですね。

寺坂 「祭nine.に冬がやってきた! これでようやくそろったよね? 春、夏、秋、冬…」

全員 「おぉ~!」

野々田 「ラブソング的なキュンキュンする感じのウィンターソングではなく(笑)。歌詞を見ると“祭nine.ぽい!”っていう」

寺坂 「最初は『冬っぽいメロディーだなぁ』って皆さん普通に聴いていただろうけど、『♪ちとまった~』って歌った瞬間、『“ちと待った”!?』ってなっただろうね(笑)」

浦上 「ワードがね(笑)」

寺坂 「新しいよね(笑)」

浦上 「だって歌詞、冬に勝ってるからね! 冬にも負けない祭nine.(笑)」

全員 「あはは!」

横山 「素晴らしい!」

髙崎 「僕ららしさが強すぎて、歌っていて違和感はあんまりないよね。ほんとに、僕らの誰かがその状況に陥ったら、あんな感じでちゃかすんだろうなって(笑)」

寺坂 「確かに(笑)」

野々田 「『お前らとこの冬、笑って夢を見よう』って歌詞の時、みんなで肩を組んで歌うんだけど。この前、配信ライブで披露したら『あ~、祭nine.だなぁ!』って」

全員 「あはは!」

浦上 「友情やな~って思ったん?(笑)」

寺坂 「それぞれの幸せをかみ締められたら勝ち組だよね、って意味合いの歌詞だもんね。恋人がいるからいいとかじゃなく。僕たちはメンバーとか、大好きなファンのみんなといれたら幸せだよね、WINだよねっていう」

横山 「そうだね」

――そのほかのカップリング曲についてもお聞かせください。

浦上 「『ことだまPARADE』は爽やかな曲やんな」

横山 「『祭nine.にこんな曲歌えるの!?』ってくらい、かわいいがあふれていて」

寺坂 「歌詞的には、“ことだま”なので、僕らが夢を語ることによって実現させていくっていう内容。ライブの後半とか、ツアーのアンコールとかに向いているような、明るくなれる曲です。りっくんのパート、いいよねぇ」

神田 「どこだろう?」

浦上 「自転車?」

神田 「『♪信じて乗れた自転車~』だ。あそこは確かに歌っていて気持ちよかった」

野々田 「実は歌詞に6thシングルの『てっぺんニューデイズ』のフレーズ『それだ それだ』が入っていて。僕らの歴史も思い出させてくれるような歌詞にしたって聞いて、作詞してくださったYUMIKO先生すごいなって思った」

寺坂 「歌によっては選抜パートなんかもあったりして。『恋してアビラゼ!』のセリフ選抜では、統威くんが素晴らしかった!」

横山 「僕、強かったですね! スタッフさんがセリフのパートを誰にするかって選考会を行って、そこですごく褒められていたみたいで。声がいいらしいです。声優デビューしようかな!?」

浦上 「今、全部自分で言って褒めたな(笑)」

横山 「うれしかったの!(笑)」

――先ほど話題に上がった、祭nine.の楽曲を担当しているYUMIKO先生が、神田さんと髙崎さんが最近歌を頑張っていると褒めていましたよ。

髙崎 「うれしいです…! 今回のシングルへの期待度とか、スタッフさんの熱量の高さは感じていて。今まで通りではダメだなと思い、いつも以上に気合が入りました」

神田 「僕は、環境が変わって最初のシングルだったので、僕らの意気込みも増しているって部分を見せたかった。あと、先生が書かれる歌詞がすごく好きで。裏テーマがあったり、隠喩で別のことを指していたり。それを読み取るのがすごく好きなんです」

寺坂 「こうやって、メンバーが褒められている話を聞くのはうれしいね。先生から具体的にアドバイスをもらったりした?」

神田 「『轟け、獅子太鼓』でいうと、先生から『ここは舌を巻いて歌ってほしい』とか、一音一音にまでこだわって指示をくださった」

髙崎 「メンバーみんな、レコーディング前から先生とお話する機会をいただいてね」

浦上 「いつも以上にイメージを膨らませながらレコーディングに挑めたんじゃないかな。1時間ぐらいしっかり時間をとっていただいて、その上で質問があったら聞いたり、ディスカッションしたり…。今回の『轟け、獅子太鼓』に対する制作陣のアツさをすごく感じたからこそ、僕たちもそれに応えられるようにいつも以上に頑張ったね」

野々田 「僕、結成したばかりの頃はうれしいことにソロパートをたくさんいただいていた方で。なので、こうやってみんなのソロパートが増えていく一方、陰ながら『やばいな』って思っていたところがありました。みるみるうちにみんながうまくなっているので、頑張っているんだなって実感するし、負けずに僕も頑張らないといけないなと思っています」

横山 「僕は今回、『WIN! WIN! WINTER』の落ちサビでソロパートをもらえて。これまで、悔しさはずっとあったし、歌もうまくなろうと頑張っていたし。それが実って、いいパートをいただけたのはすごくうれしかったです」

寺坂 「泣きそうやん」

横山 「…全然!?」

髙崎 「統威だけは泣かないから!(笑)」

横山 「ほぼほぼ泣かないね!」

寺坂 「1位とってみんなが泣いてても、『分かんない!』って(笑)」

野々田 「わぁ~! 思い出した!」

髙崎 「『自分が、どういう感情なのか分かんない!』ってね(笑)」

横山 「今、その話いいから~!(笑)」

【プロフィール】

祭nine.(まつりナイン)

2017年8月16日「嗚呼、夢神輿」でメジャーデビュー。デビューから数々のシングルCDが、ゴールドディスクに認定。19年5月1日には、令和初の日本武道館アーティストとして「祭元年~新しい挑戦~」公演を開催。ユニバーサルミュージック移籍第1弾、11月25日発売の新曲「轟け、獅子太鼓」は、日本のお祭りを歌った“ザ・お祭り”ソング。祭nine.が祭りを興すことによって、この日本を元気にしたい!――そんな願いを込めた楽曲となっている。

取材・文/伊藤美鈴 撮影/蓮尾美智子